清野が語る!高速基礎マスターの〈3つの秘訣〉 | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2020年 2月 9日 清野が語る!高速基礎マスターの〈3つの秘訣〉

おはようございます!!

受験生の皆さんは入試が始まってきて、少しずつ第一志望の受験日も迫りつつあり、、、緊張しているだろうと思います。

大切なのは最後の最後まで手を抜かないことと、自分は誰よりもこの大学に行きたいんだ!というこだわりをもつこと!最後までみんなを応援してます(^○^)


さてさて、今日は新1,2,3年生の皆に向けたお話をします。今年の受験が終わりに近づくなか、皆さんのライバルたちは先を見据えて動き出しています。まもなく、いやもう既に!!皆さんの受験生ライフは始まっています!!

そこで今一番優先すべきことは、基礎固めです。つまり東進生にとっては高速基礎マスター(高マス)を使った学習ですね!!

高マスの意義や大切さは前のブログでも紹介してくれているので読んでみて下さい☺

今日私からは、高マスやってるんだけどなかなか進まない、、やる気がでない、、完全修得までたどり着けない、、という皆様のために3つのアドバイスをします!!

1. 高マスタイムを決める!

高マスを毎日やらなきゃとは思いつつも、なかなか続かないし、忙しい時期は忘れちゃうし。という高マスあるある。私はとことん3日坊主の人間だったのですが、電車で通学のときに必ず少しでも高マスに触れる!と決めてやっていました。

塾に来てくれればもちろん登校してすぐ10分高マスをやってもらうのですが、塾に毎日も来られないよ!という人は、夜ご飯を食べる前やお風呂に入る前などに組み込んで、高マスをやらなきゃ次の行動に移れない!という制約を作るといいと思います。

ポイントは高マスを歯磨きや顔を洗うことのように、生活の一部にすること!(笑)

2. 期限を決める!

グルミでも話していると思いますが、いつまでに高マスを終わらすかという担任助手との約束、絶対守りましょう!なぜなら、長引けば長引くほど高マスは完全修得しにくくなるから

覚えたことってどうしても忘れて言ってしまうものですよね。5カ月かけて全ステージクリアしたとしても、5か月前に覚えた単語ってその時点でも覚えていますか?それに期限がないと、つい今日はやらなくても明日倍の量やれば大丈夫か、、という甘さが生まれます。

できるだけ短く期限を設けて、そこで確実に覚えきる!!という決心をしてください!!必死で暗記したものってそのあとも忘れにくくなるものだと思いますよ~

3.英文法はフレーズごと覚える!

英単語、英熟語、とすんなり完全修得してきて、波に乗ってきたところで突如立ちはだかる英文法の壁!!問題の多さに圧倒されてなかなか進まない生徒も多いのでは??と思います。でも私がオススメするのは圧倒的に英文法!!

なぜなら英文法は1文、フレーズで出てきますよね。英文法で出てきたフレーズや文法の使い方は意外と問題に使われたりします。つまり、英文法を完全修得することは長文を理解する段階や英作文が書けるようになる段階に必要不可欠なのです。私は受験に英作文を使ったのですが、その時にここで学んだフレーズが結構活用できました!

さらに活用してほしいのが高マスの音声!英文法で出てくる問題を、目で見ずに耳で聞いて即和訳できるように練習するとリスニング力も鍛えられてしまうという一石二鳥な高マスなのです(*^^)v

英文法は音声を活用しつつフレーズで丸々覚えるようにする!ことが点数アップの秘訣です。


これら3つのことを意識して充実した高マスライフを一緒に送りましょう!!

次回のブログは八木担任助手が書いてくれます!!楽しみ~~

 

 

================