ブログ | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ 

2020年 4月 3日 知ってください…友永のことを

こんにちは!今回のブログを担当します、トモナガです。

今回のテーマは「自己紹介」ということで…

知ってるよって人も、はじめましてって人も私のことを知っていただけると嬉しいです!

 

【基本情報】

名前は友永有香(トモナガユカ)。血液型はO型ですが、部屋はきれいです。

4月から、千葉大学教育学部教員養成課程小学校コース教育心理学撰集、の2年生です!

教育や心理に興味がある人は一緒に語りましょう!

高校は佐倉高校です。佐倉高校は平和で大好きです。

最近のマイブームは「うどん」です!この前、うどん巡りに行ってきました。

(3軒回ったらさすがにおなかがはちきれました。)

うどん好きの人がいたら、声をかけてくれると嬉しいです。

 

【部活歴】

小学校は、吹奏楽部でフルートを吹いていました。

完全に姉の真似をしていた頃ですね、かわいい。

中学、高校はソフトボール部に所属していました。

週4+土日の練習試合があったので、勉強と両立なんて出来るもんか、と思っていましたが、

東進の担任助手の方々が、勉強の計画も心理面も支えてくださり、なんとか乗り越えることができました。

皆さんの中にも、部活が忙しいという人が多くいると思いますが、一緒に乗り越えていきましょう!

 

【今年度の目標】

今年度の個人的目標は、ずばり2つ!

一つ目は、ピアノを今度こそ上達させること

(伊藤さんが弾けるみたいなので習おうかな。)

昨年度の目標にもかかげた気がしますが、達成できなかったので、また挑戦したいと思います!

二つ目は、体力を上げること

2年生からはマット運動や跳び箱などの体育の授業も入ってくるので、

それまでに体力を戻しておきたい…!がんばります。

 

今年度は例年通りのスタートとはいかなそうですが、

皆さんも自分の1年の目標をしっかり定めて新たなスタートを切りましょう!

次回の担当は、八木担任助手です。お楽しみに!

 

 

2020年 4月 1日 はじめまして!いとうです!

こんにちは。今回の担当は伊藤です。

最近はコロナウイルスの影響で全然遊べないですが、その分しっかり勉強しましょう!

今回のテーマは自己紹介です!

僕は東進で働き始めて二年目になりますが、一年間で変わったところやはじめましての人も多いと思うので、

この機会にぜひ覚えてください!

 

 

はじめに・・・

名前は、伊藤俊輔と言います。出身は千葉県八千代市!

中学生の時はテニス部に、高校生の時は野球部に所属していて、今でも野球観戦やその他球技を見たり実際にやったりすることが趣味です。

特技はありませんが音楽にもすごい興味があって楽器を弾けたらかっこいいなあなんて思いながら日々過ごしてます。

最近のマイブームは~とか書きたいんですが特にはないです(笑)

名前でも苗字でも何でもいいので話しかけてください~仲良くなりましょう!

 

 

小中高時代

小学校の時はピアノやサッカーなど習い事に明け暮れていましたがよく外で遊ぶ元気な子?だったと思います。

中学に入る時に受験をして愛知県の海陽中等教育学校という全寮制の男子校の学校に入学しました。

ここでは、24時間を学校で過ごし、寝食を友達と共にするというかなり特殊な学校で、僕の性格や考え方の大半はここにいる時期に形成されました。

6年間をこういった環境で過ごしたわけですから、なかなか正常でない部分も育ってしまったと思いますが・・・。

ここで運命の出会いがありました。

高1の時に東進ハイスクールに出会ったのです。

僕はここで必死に受験勉強をし、なんとか大学に現役合格することができました。

そして、大学は慶應義塾大学経済学部に進学して、今に至ります。

 

 

現在

今は、大学に通っているのと同時にここで働かせてもらっています。

大学では主に中国語と数学を勉強しています。

コロナの影響でなかなか大学に行けないため、最近は専ら東進でみんなの勉強をサポートできるよう尽力しております。

これから受験勉強が始まっていくわけですが、みんな一緒にチーム八千代台で頑張っていきましょう!

以上です。次回の担当は友永担任助手です!お楽しみに~

 

 

2020年 3月 29日 【石崎】新しい環境でどう過ごしていくべきか 

みなさん、こんにちは!石崎です。

今のブログテーマが「新しい環境へのなじみ方」というわけですが、担任助手の方々、いろんなことを書いてくださってますねー。

特に須田さん、古川さんは「なじむ」のではなく、「適応」や「環境そのものを作っていく」というまた違った観点から書かれていて凄いなと思います。そのあとに書く僕のブログは拙いので恥ずかしいです。・・・

では、僕は何を伝えたいかというと、「新しい環境へのなじみ方」というより「新しい環境でどう過ごしていくか」ということです。正直、「なじむ」のは簡単です。その環境で普通に過ごしていれば勝手に慣れてなじんでいくと思います。大事なのはいかに最初の環境で過ごしていくかだと思います。

例えば、新しい環境で最初から机にずっと伏せて寝ている子がいたら、周りからは「ああ、一人が好きなのかな」みたいな風に思われてしまうんじゃないでしょうか?

こうならないようにするには、まずは「あいさつ」をしっかりしましょう!

されて嫌な人はいないし、されたら挨拶を返してくれるはずです!

あとは積極的に話に行きましょう!がつがつしたり色々なことを詮索するのは逆に良くないですが、例えば新しいことでわからないことがあれば聞いてみましょう!話す機会にもなるし、知りたいことも知れて一石二鳥です。他愛のない話からでもしてみるといいと思います。

これらを聞くとそんなの当たり前じゃん、と思われる方がほとんどだと思います。

でもそれで大丈夫です。奇をてらって変なことをすると逆に引かれます。

僕も学年が上がるのでお互い頑張りましょう!

2020年 3月 27日 ☆遠藤が思う、新しい地で成功するには○○が大事!★

\こんにちは!/

今週はコロナより花粉に怯えてしまっている遠藤愛奈がブログを更新させていただきます(+_+)

 

(これかいてる今も鼻水とまりません…(;_:))

 

私にとってちょっとしんどい春がやってきました、、、

 

 

 

皆さんはどんな春を迎えられそうですか?

 

別れの春?出会いの春?受験の春?

ひとによってそれぞれですが、みなさん必ず何かしらの環境の変化はあると思います!

 

 

私は去年大学生になり、今までの生活とは全く違う、新しいものだらけに世界に足を踏み入れましたが、

その当時はそれに慣れるのが大変で5月頃撃沈していたのを覚えています…。

 

 

理想と現実のギャップだったり、理想的な自分像とかけはなれた自分になってたりと

なかなか思い描いていた通りにはいかないものです、、、

 

 

結局夏頃やっとなれました(+_+)

 

 

 

そこで、今、思ったことが2つあります!

 

☆一つ目

 

完璧主義になってはいけない!

 

 

☆二つ目

 

マイナス発言をしない!

 

これが大事です(たぶん)

 

 

完璧主義なことは良いことだと思います。だけど、状況を何も把握していない状態でそうしてしまうと明らかにキャパオーバーなこともやらなければ…!と焦ってしまいます

 

初めてのことをやるのだから、まずはここだけ頑張ろうと1つ2つくらいから目標をたてるのがいいと思います

そしてできたら、ほめる!笑

 

 

 

 

 

そして2つ目のマイナス発言をしない、というのも重要だと思います

 

ちなみにマイナス発言ってすればするほど、脳の細胞がマイナスな思考へとかわっていき、直すのはむずかしいらしいです。(人から聞いた話ですが、、、)

 

たしかに一度無理だ嫌いだとおもってしまうともうダメになってしまうことって多いと思います。

 

ストレス発散は大事だけどあまりネガティブなことは言わない方が得ですよね

 

わたしもつい、文句やネガティブ思考をしてしまうのですが、そのままもっとネガティブになって自滅しがちなので、気を付けていきたいです

 

よかったら皆さんも参考にしてみてください!

 

皆さんが無事新しいスタートダッシュをきれますよーうに(*^_^*)

 

 

 

 

================

 

 

 

================

2020年 3月 25日 【春】新しい環境に馴染む?適応する?いや、環境を作ってしまえ!

 

こんにちは!古川です!

 

新しい環境への馴染み方というテーマですが

 

前回須田さんが言っていたように

 

確かに”馴染む”と”適応する”はちょっと違いますね

 

ただ、馴染む・適応するどちらにも共通していることがあります。

 

それはどちらも既存の環境に自らが身を置くときに使う言葉であるということです。

 

既に環境が出来上がっているわけだから、その環境に馴染む・適応せねばならないわけですね

 

それでは、みなさんがこれから身を置くであろう

 

高校のクラス、大学の学科には既に環境が出来上がっているでしょうか。

 

全員が初めて顔を合わせ、1つの組織となったその瞬間にそもそも環境はあるのでしょうか?

 

「このクラスは凄い面白いクラスだな」

「この学科はみんな真面目そうだ」

 

とすぐその組織がどのような環境であるか判断できますか?

 

そうなんです。おそらくみなさんがこれから身を置く組織にそもそも環境など存在しません。

 

そして、その組織の環境、いわゆる雰囲気や考え方は誰かが作っていくものです。

 

そもそも環境に馴染むという考え方の前に

 

自らが環境を作ってしまえばいいわけです。

 

僕が組織の環境づくりのために行っていたことは

・自分から自己紹介をする

・積極的に話しかける

の2つです

 

というわけで僕が伝えたかったことは

環境に馴染む前に環境を作ってしまえ!!

ということです。

 

みなさんのよりハッピーな新生活を祈っています!

では!

 

================

 

 

 

================