【寒さに負けるな!体調管理の工夫】もしかしたら少し耳の痛い話?? | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2018年 12月 12日 【寒さに負けるな!体調管理の工夫】もしかしたら少し耳の痛い話??

===【同日体験受験に無料招待!】===

朝の寒さに

なかなか布団から出ることができず

ついつい無駄な時間を過ごしてしまう

 

1日の始まりから

自分の甘さを感じています

 

タイトルに寒さに負けるな!と

書いてはいるものの

すでに寒さに負けてしまいそうな

松下が本日のブログを担当します。

 

自分に甘い

なかなか厄介な性格です

この19年間

しばしば頭を悩まされてきました

 

どうしたら克服できるのでしょうか…

 

さて今日のブログテーマは

【寒さに負けるな!体調管理の工夫】

です!

 

僕自身、医学などの

知識があるわけではないので

的確な体調管理方法を言えるか

わからないので

あくまで個人的な方法を

お伝えしたいと思います

 

また、他の人が

たくさんの良い方法を

提示してくれているので

あえて違うテイストで

書こうと思います

 

 

 

「熱がありそう。」

「だけど、今日はどうしても休めない」

そんな時は、あえて

体温を計らないようにしています

 

自分の性格上

一旦、熱があると認識してしまうと

その事実に縛られて

その事実に甘えて

頑張れなくなってしまうから

頑張らなくていいと

思ってしまうからです

(本当に熱があった場合

周りの人にも迷惑をかけてしまうので

あまりいいことではありませんが…)

 

 

また

先ほども述べた通り

僕はとても自分に甘い人間です

勉強が辛い時

キツくて逃げ出したい時

 

「頭が痛い」

「体調が優れない」

 

とついつい逃げ道

つくってきたような

気がします

 

もちろんその気分が

100%だった

というわけではありません

 

けれど

100%正直だった

というわけでもありません

 

逃げる理由に

できない理由に

なってくれそうな

小さなことを

幾倍にも大きく

膨れ上がらせ

いま勉強をしない理由を

無意識につくっていた

ような気がします

 

考えてみれば

コンディションが

常に最高潮の人なんていません

 

なんとなく

体調がすぐれない気がして

勉強を中断しようとする時は

客観的に自分を見つめてみるのが

良いのかも知れません

 

一つの都合のいいことに

焦点を合わせて

何倍にも拡大して

それをみている自分を

見つけたならば

それだけで少しは

すぐれない気分から

解放されるのかもしれません

 

ほとんどの気分

自分にとって

でも、正直でもないものが

ほとんどだと思います

 

だからこそ

都合の良いように

塗り替えやすい

 

ということは

プラスの方面にも

塗り替えられるかも

知れません

 

ぜひ

志望校への想いには

正直でいて

気分は良い意味で

塗り替えていけたら良いですね

 

最後に受験生へ

あえて言わせていただきます

ちょっと

無理して

頑張れ!!

 

 

 

 

明日のブログは

尊敬していて

頼り甲斐のある

先輩で

大学生活を

オ・ウ・カ

しているあの人です!

お楽しみに!!

 

 

 

 ==各種申し込みはこちら【すべて無料】==

 

====【合格体験記はこちら】====