第一だけが大事じゃない | 東進ハイスクール 八千代台校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 9月 5日 第一だけが大事じゃない

こんにちは、特技だった指パッチンを最近自分の生徒が上回っていることに気づいた笠川です。

自信もってたのに… 上には上がいるということを思い知らされました😢

指パッチンでは一番になりたいと思っていましたが、今回の件で一番だけが大事ではない!と思うことにしました。そうです、一番のことだけを考えるのではいけないのです!ということで今回は併願校の決め方と対策方法について書いていきます!🔥

 

まず併願校の決め方についてですが、私は最初に自分の将来やりたいことを学べる大学を探し、自分の学力にあった大学を見つけて決めていました。

それが一般的な決め方だとは思いますが、高校三年生の秋に重大なミスを犯していることに気がついたのです。第三志望としていた大学の立地について調べることを怠っていたため、その大学が通学するには厳しい距離にあるということを知らずにいました…

私は大学の近くに一人暮らしをするのは経済面で厳しかったので、その大学は受験が近づいている時期に断念することとなったのでとても危ない決断をしてしまいました。ですので、大学には実家から通うのか、一人暮らしをしてそこから通うのかということをはっきりとしてそれを踏まえた上で大学を探すのはとても重要だと思いました。

 

次に併願校の対策方法ですが、過去問に取り組むことは当たり前で、私は第二志望の大学の過去問演習での対策を第一志望の大学と同じくらいの力を注いで頑張っていました。

具体的には過去問を解く年数を第一志望校と同じ年数分にしたり、第二志望校に通っている先輩にどのような勉強法で試験を突破したかをお聞きして対策を練るなどしていました。

第三、第四志望となってくると、気が緩んで対策を全くしないという人はごくまれにいるかもしれません(ちなみに私は少しだけ当てはまっていました😓)絶対に行かないだろうという大学だとしても、1年分は過去問を解いてみてください。

第一志望校以外のことを後回しにしていると私みたいに危ない目に会うかもしれません。生徒の皆さんはそんなことになりませんよね?信じてます!それでは今回はここまでです。