ブログ | 東進ハイスクール 八千代台校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ 2021年09月の記事一覧

2021年 9月 30日 受験生必見!-NGな勉強法してませんか?-

【えんどぅー】

 

 

 

お久しぶりです、遠藤です(‘_’)

最近寒くなってきましたね、、

自分が受験生の時は、寒くなるほど受験が近づいてきたことを実感してた気がします…

 

また、受験生だけでなく、2年生も同日模試はとても大事な時期となってきます

3年生の内容に入るにあたり、気を引き締めて、頑張っていきましょう!

 

 

 

 

とはいっても、、

漠然とした危機感からただただ焦るということはあまり良くないです

 

 

特に受験生!

 

 

直前期に入っていくということは、残り使える時間は限られているということです

 

ということは何で差がつくかというと、質 だと思います

(※この時期に机に向かわない受験生なんていない、という前提です)

 

 

そこで質をしっかり確保できているか、今一度確認してみてほしいです!

 

↓ここにある項目は私が生徒時代にやってしまった失敗です↓

 

●点数が伸び悩んでいる科目で、インプット、アウトプットが大きくどちらかに偏っている。

●赤本を解きっぱなしにしてしまっている。

●一日の勉強の中で、既にわかっている問題を見かけることが多い。

●予定を立てても、なんだかんだ守り切れていない。

 

皆さん心当たりのある項目はありましたか?

もしそうだった場合は危険です、すぐに直せるようにしてください((+_+))

 

 

 

 

 

特に上二つはこの時期のあるあるだと思いますので、

少し説明します◎

 

皆さんは今、赤本の点数とにらめっこしている状態だと思います。

ただ、赤本はあくまでも傾向を知る・成果測定のツールでしかありません

 

赤本は志望校対策をする上で、絶対に重要なものではありますが、

重要なのは、そこから、復習➔分析・作戦建て➔実行 までやりきれるかどうかです

 

 

おそらく皆さんは共通テストレベルの問題よりも高いレベルを身に着けようと努力していると思います。

 

インプット➔アウトプット をセットで行え ということはよく言われていると思いますが、

教科書レベルでそれを行う場合よりも皆さんの志望校のレベルの方が、

短い間隔で、細かくこのサイクルを回さないといけないということを感じました

なんとなく最近、ここに苦戦している人が多いのではないかと感じます。

 

 

 

受講、単ジャ、過去問 すごく忙しいのは本当に本当に承知してます💦

毎日がんばっているみんな本当に強い、、、

 

ただ、その努力も正しいサイクルをふまないと結果に繋がらないということを

自分の身をもって感じました。

 

もし、自分の努力量に対して納得いかない、もう諦めた方がいいかも 

という気持ちをもっている人がいたら私達に一声かけてください!

勉強方法はたくさんありますし、自分とあっていない可能性もあります

 

だから、悩んだら努力が間違っている というわけではなく

努力の方向を変えてみるということを一回やってみてほしいです

 

 

なかなか難しい話になってしまいましたが、

悩んだときにそういえば遠藤こんなこといってたな~

くらいに思いだしてもらえたら幸いです

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年 9月 28日 二次私大復習方法大公開!!

最近急に寒くなったり暑くなったり、
寒暖差アレルギーで鼻水が止まらない橋本です!

みなさんはいかがお過ごしですか?

受験生のみなさんは過去問や単元ジャンル別演習で忙しい時期ですね、、、

さて、突然ですが、共通テスト過去問と二次私大過去問演習の違いはわかりますか??

まず制限時間が違いますよね!!

それと復習方法も大きく変わってきます。

共通テスト過去問は単元ごとに別れて問題が出るため、

自分の苦手がわかりやすいです。

でも二次私大過去問は問題数が多すぎて、

復習するにもどうしたらいいかわからないことないですか?

実際自分もそうでした、、、

そこでおすすめなのはしっかりと時間をとって分析をすることです!

今校舎には過去問分析シートというものを置いています!

ぜひ使ってみてください!!

2021年 9月 23日 残暑が続いてます

こんにちは! 千田です

大学がもうすぐで始まりそうで少し憂鬱ですが、何とかやっていきます

 

今回のテーマは「二次私大の復習法+共テとの違い」です

まず、共テとの違いは、いくつかあります

 

1つは単純に難易度が違うことが多いです

共通テストはある程度の点数を見込んだテストであったり、教科書レベルが基準になっていますが、二次などになってくると、発展的な内容もどんどん入ってきて、教科書のみでは対処できないレベルの問題も散見できます。

 

2つめは問題が個性があることです

共通テストも科目によっては個性的なものもありますが、基本的にまんべんない範囲から問題が作られています。だから、個性的といっても全範囲ということは共通しています。

しかし、二次私大は学校ごとの問題になっているため、その学校の求める人物像や学校の特色に合った問題が出題されます。だから、学校ごとの対策をしてないと、上位の学校に受かっても下位の学校に受からないなんてケースもあります。

 

3つめは記述の有無です

私大であると、あまり見かけませんが、国立は記述が基本になってきます。計算の必要な科目に関しては、結局問題を解かなくてはいけないので、違いは少ないですが、マークなら空欄から答えの予想が立てられなくもないですが、それができません。

国語も要約や考えを記述する場面が圧倒的に増えます。字数制限がある大学もあれば、全くない大学もあったりと本当に様々で、条件が一つでも足りなければ減点、どんなに書いていても、必要なワードがなければ0点になるなんてこともざらです。

 

国立を受ける人は特に記述の練習をしておいたほうがいいです!

 

次に復習方法ですが、答練や過去問の採点をちゃんと見ることをお勧めします!

記述の回答は自分で採点することができないと思っておいたほうがいいです。

そもそも、得点の細かい内訳を公表している大学はほとんどないですし、採点が厳しすぎても、甘すぎてもそれは身になりません。たまにいるのが、学校の先生に採点してもらうというケースです。これもなしではないですが、その先生は各大学の問題をいつも採点しているわけではありません。採点基準も正直あいまいなところがあります。

一方、東進の採点は大学ごとの採点者がいるため、正確性は増してきます。さらに、今までその大学を受験してきた生徒のデータを用いているので、信頼は高いと思います。

この採点で、何が足りていないか、逆にどこは得点に見なされているのかは必須で確認しておいたほうがいいです

 

他には再度インプットしたものをアウトプットすることです

復習でまずいのが、「覚えた気になっている」ことです

特に選択問題ならまだしも、覚えたものは書けなければいけません。名前を覚えたからいいのではなく、漢字を含め文字にできるかも合否を分けるところになってくるので、そこまでやれるのがベストです。ケアレスミスも要注意です。よくいるのが、ここはいつもなら解ける、冷静になったらできたなんて言う人はいませんか?

そういう人に対して思うのが、本番は練習の比にならないほどに緊張して動けなくなりますし、時間も短く感じます。そんな状態でいつものパフォーマンスができますか?

そんなことができるのは、一部のトップアスリートなどぐらいです。

ケアレスミスこそ、ちゃんと復習が必要だったりもします

 

最後に、一番大事になってくるのが特徴を捉えることです

問題をやり切れば合格できるのは高校受験で、大学受験は大学の特徴を知らなければ合格可能性はいっきに下がります。解いた後に、その大学ごとの「問題の特色」をまとめておくのもありだと思います

 

 

次回の更新は谷崎担任助手です

国立志望で、社会科目も解いているので、

そういった面でも参考になると思います!

 

 

2021年 9月 21日 考えない復習

こんにちは、秋の授業が始まってとても憂鬱な倉前です。

昨日の中国語の授業(初回)では堂々の大寝坊をかましました。先が思いやられますね。

 

今回からは「二次私大の復習法+共テとの違い」というテーマです。

 

秋から本格化していく本番対策において、こういうところを意識してほしい!

みたいな内容になると思いますので、これから更新される他の皆さんのブログとも見比べてみてほしいなと思います。

(自分は私立文系・青立法中レベルなので、どうしてもその辺に寄っちゃいます)

 

まず共テと私大の違いについてですが、一番大きいのは求められる知識の質というところになると思います。

 

共通テストはよく「教科書レベル」と言われますが、

要するに「広く浅く」押さえていればそこそこの点数取れるということです。

(もちろんそれ以上取って初めて「勝負ができる点数」です。(`・ω・´)キリッ

 

対して私大の入試は、

単語帳や一問一答のすみっこはおろかコラムの一部にしか出てこないような、

誰が覚えてんの…?」って単語や人名を平気な顔して出してきます。

 

こういう「より深い」知識が求められるのに加え、国立ほどではないですが書かせる問題も出題されます。(抜き出しや単語で答える問題等)

ケアレスミスも起きるってことですね。その辺にも気を付けないとしょーもない減点喰らいます。

 

次に、そんな私大入試の復習法です。

 

①英語

腹の立つことに私大では共テ以上にわけのわからない単語やイディオムがわんさか湧いてきます。

そのレベルの文章に対応するためにやって欲しいことは大きく分けて二つで、

まずは「解説を見る」こと、次に「音読をする」ことです。

´・ω・`また音読の話してる 

解説には難解な単語や熟語の意味がちゃんと書いてあります。

過去問の復習のときにそういうのを問題に書き込んで、大事なところにはマーカーとかでをつけておきます。

その状態の文章を音読すれば、読みながら大事な部分とその前後の構成に目を向けることができて、私大の文章に慣れることができるというわけです。

また難解な単語もチェックしてあるのでその意味も自然と目に入ってきますし、繰り返し読めば覚えられます。

 

以上が音読のポイントなのですが、これまじでコスパ最強です。

文を読んで目から取り入れた情報を頭で処理してすぐに口から出す(なんかですね)ので、

インプット→アウトプットの理想ムーブを短時間で、しかもたくさん行うことができます。

 

(人は寝ている間に記憶処理を行うらしいので、恐らく寝る前にやるのが効果的です。)

 

②国語

国語も英語と同じようなやり方になりますが、音読というよりは作業重視です。

 

解き終わった後に本文や問題文を見直して、解答の根拠になる箇所や「大事そうだな」と思った部分に片っ端からマーカーします。

つながりがあるところや言い換えになっている部分を線でつないだりなど

とにかくいろいろ見つけて、なるべく違う方法で印をつけます。

 

国語はどうしても文章の得意不得意が絡むので、どんな文を引くかで点数が変わることも多々あります。

なのでこんな風に多くに当たって対応の幅を広げることが一番の近道だったりします。

 

また古文や漢文は古語なので、この二つについては音読も有効です。

 

③世界史

ほんとに最後まで苦手だったのであんま偉そうなことは書けないですが、書かせる問題があるので漢字の練習は必須です。

(特に忘れてた単語は色々危ないです)

 

特に世界史はほぼカタカナなので、中国史や近現代の範囲でいきなり漢字聞かれると頭がフリーズします。

例えば「鄭和」とか、「王莽」とか、「羯」とか見ずに書けますか?

「あっ…」って思った人は書き取りやりましょうね。

 

 

ここまで書いてきたことは全て自分が受験生時代にやっていたことなので必ずしもこれが正解!とかそういうことではありません。

 

ただこうして振り返ってみると、なんともまぁ脳筋思考というか力こそパワーというか、あまりテクニカルな(?)やり方は取ってなかったですね。

勉強法の合う合わないはとても大事なので、そういう発想が気に食わないという人は是非他の人のブログも覗いてみてほしいなと思います。

 

次回更新は千田担任助手です。

私大ではなく国立大の文系の人なので、科目が多い人向けの内容になると思います。

更新されたら見てみてください。以上です。

2021年 9月 18日 得意教科も単ジャで!!

 

ご無沙汰してます!!

鈴木です!!

 

そろそろ大学の履修登録が始まるのでワクワクしてます☺

それも一年前自分が頑張ったおかげと思うと感慨深いですね~

 

もちろん周りのサポートのおかげもありますけどね。

みなさんもきっと努力が報われる日が来るので安心してね。

 

さて、単ジャの活用崩法ですが、基本的にはオーソドックスに進めていっていいと思います。

必勝必達セットをまずはゴリゴリ進めて下さい。

そうすれば弱点補強は完璧なはずです。

 

ただ僕からおすすめしたいのは、弱点教強化の先にある、

得意をさらに伸ばすことです。

 

具体的には必勝必達セットが終わった後に、自分で修得したセットの、

さらに高いレベルに取り組んでいました。

それは発展的なことですし、弱点補強が最優先なのは間違いありません。

 

ですが弱点補強をしただけの人と、

それに加えて得意の補強もできた人を比べれば、

得点に差が出るのは当然と言えます。

 

今は弱点補強に追われていると思いますが、

時間があればぜひ頑張ってください。

 

次回は倉前さんがまた違うテーマで話してくれるので、ぜひ見て下さい!!