高速マスターをやる意義とは!?その魅力も一緒に発信! | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2020年 1月 23日 高速マスターをやる意義とは!?その魅力も一緒に発信!

 

  

=====

こんにちは。

須田です。

 

 

今日の更新は、須田です。

自分のテーマは、「高速マスターってなんでやるの!」です。

 

高速マスターは、

大学合格のために必要な、

応用的学力を養成するため前段階としての、

土台を固めるために行うものです。

 

つまり、大学合格のために、行うのです。

 

高速マスターについて、ある程度紹介します。

高速マスターは、効率的に、かつ高速に基礎固めを行うツールです。

 

ただ、この程度の説明だけでは不十分だと思うので、

どう使っていたかも説明しつつ、

その意義を、センター1800を具体例に挙げ、より詳細に説明していきます。

 

高速マスターはその特性上、アウトプットに特化しているツールです。

また、選択式の問題で、意味を一つだけ問うので、

単語帳に載っている2つ3つの意味をいっぺんに覚えるのは不向きではあります。

 

しかし、それは裏返せば、

各単語のコアな意味を一挙に掴むことが出来ますし、

やったことが無い方が、もしこれを読んでいたら、

想像がつかないかもしれないですが、

高速マスターは単語帳に比べると、非常に早く、

とてもサクサク進めることが出来ます。

 

自分は、ある単語帳と高速マスターを併用して勉強していましたが、

高速マスターセンター1800をやる前に、単語帳の例文を使って、音読してインプットし、

高速マスターで、高速で効率よくアウトプットしていました。

もちろん、文章中で読みこなすのが目的なので、

東進の講座で、長文や、構文をやりつつ、単語を定着させていました。

 

高速マスターは非常に効率重視で、意味をすぐに覚えられます。

また、スマホからできるので、ウェアラブルで、

時間が空いた時にすぐできるのも強みでしょう。

 

長くなりましたが、

自分は、高速マスターの効率よく、

コアの語義を高速で覚えられる機能性を利用して、

単語帳のアウトプットとして、利用していました。

 

高速マスターを使う意義は、

その様なものだと思います。

 

次回の更新は細田担任助手。

担任助手としての任期を今月で終える彼女の最後のブログで、

前世はわたあめだった(?)彼女は何を書くのでしょうか。

 

お楽しみに!

=====