夏休みの過去問演習 | 東進ハイスクール 八千代台校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 6月 29日 夏休みの過去問演習

こんにちは!担任助手の平野勇です!

今回私が話させていただくことは、ずばり夏休みの過去問演習のことです。

私は1年前のちょうどこのくらいの時期に共通テストの過去問をやっていました。実際共通テストの過去問は夏休みもやっていました。

というのも、過去問の進め方として、共通テストの過去問をまず5年、次に二次の過去問、共通テストの過去問を3年、二次を3年…として進めていきました。

ですので、夏休みにも共通テストの過去問をやっていました。このことから、過去問演習の話は共通テストの過去問と二次の過去問の話をしていきます。

ここで1つ注意をしておいていただきたいのですが、私は大学をしっかりと決めて過去問を始めていったのは8月末でしたので夏休みに二次の過去問を進めていったので具体的な話は少しずれてしまいますので、そのことに留意していただきますと幸いです。

まず、どのくらいの頻度で行っていたかと言いますと、正直に言いますと決めてなかったので夏休み中にしっかりと終わるように行っていました。

これはなぜかというと、復習に時間がかかる科目とそうでない科目があったので一定の進度にすることができなかったからです。これは二次にも同じようにいうことができます。

そのくらい復習をメインで進めていて復習に時間をかけすぎるのはよくないと思いますが、それでも今後のためになることをしていくことを考えてみると、ある程度理解していかないと意味がないので、復習に時間をかける必要があると思います。

とくに、二次からは難易度がとても上がるので、復習にかける時間も多くなっていました。過去問の数は限られていますので、一回一回を大切にして行う必要があります。

実際私がこのように進めていましたが、これで二次の点数が安定していきました。このように過去問演習は時間がかかります。

今始められている人は夏休みの時間と合わせてかなりあります。この時間をライバルたちに差をつけていくためにどんどん進めていきましょう!!