共通テスト対策だけじゃない夏にしよう! | 東進ハイスクール 八千代台校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 8月 14日 共通テスト対策だけじゃない夏にしよう!

こんにちは!今回の投稿は、今年の夏はサークルもバイトも勉強も充実させたいと思っている伊藤凪咲が担当します!

 

 

今年の夏は一層ジメジメ+気温が高くて外を少し歩くだけでも汗をかいてしまいます、、

そうなるとクーラーは欠かせないですよね!過ごしやすくてついつい朝寝坊してしまったり、、ということもざらにあります笑

 

 

毎回私のブログで言ってるとは思いますが、受験生にとってこの夏は天王山と言われています。時間が全てだとは言えませんが、単純に計算すると一日15時間勉強することが可能です。

一日一日を有効に活用するためにできることは、やはり朝の時間を活用することだと思っています。

「朝早く起きるのが苦手で夜の方が頭が冴えるんです」という人もいるかもしれません。(実は私もそうでした。。)

しかし、受験本番は午前中から始まるところが多く、そのためには数時間前から起きて頭を活性化しておかないと100%の実力を発揮することができないことがあります。

 

私はバリバリ夜型だったので深夜2時くらいに寝て7時に起きて、というスケジュールだったのですが、夜12時に寝て5時に起きた日の方が一日をしっかり使えたし、集中力も上がっていたと思います。

朝から勉強することを習慣付けるために東進ハイスクールでは 朝登校の制度があります。朝8時から8時30分までの間に校舎に登校することを促進するものです。

 

受験生はこの夏休みに

共通テスト10年分・二次私大10年分

を解くことを目標にしています。この夏で一気に過去問を解くのは、東進では9月から単元別ジャンル演習を開始していくためです。

8月21日(日)には共通テスト本番レベル模試があるので今は共通テストの過去問を解いているかもしれませんが、合否に直接関わってくる試験は大学ごとの二次試験になります。

 

 

共通テストの問題は図や数値を読み取ったり、比較的短文を短時間で読むことがポイントになります。

それと比べて二次私大は文法問題や長文がたくさんでてきます。私は時間が足りない、、!となることはなかったのですが私は文法問題がとても苦手だったので点数をとるのに苦労しました。

 

そこで、私は単元ジャンル別演習を活用して、志望校以外に文法問題が出題される大学の問題を解いて解いて解きまくりました!そして間違えた問題は自分用の復習ノートを作成して、

①問題  ②解答  ③なぜ間違えたか  ④その他の選択肢の正解

を書いて後から見てひと目で分かるようにしました。復習ノートを作った方がいいですか?と質問してくれる人もいるのですが、私個人的には文法や社会科目など暗記系のものは作ってみてもいいと思います!その方が絶対覚えられる^ ^

 

長文のコツなどは他の担当者が教えてくれるので私はここまでにします!最後まで読んでいただきありがとうございました☺︎