低学年こそ受験の大事な時期! | 東進ハイスクール 八千代台校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 7月 21日 低学年こそ受験の大事な時期!

こんにちは!

今回のブログは昨日大学の試験が終わってハッピーな山口が担当します!

「夏」といったらみなさんは何を思い浮かべますか??

私は夏の果物を真っ先に思い浮かべます(笑)

今年もたくさんフルーツを食べたいと思っています🍉🍈✨

 

話はがらりと変わりますが、「夏」は受験生にとって『勝負の夏』になると思います。

受験生は後悔のない夏にしてください!!!🔥

しかし『勝負の夏』なのは受験生だけではありません!!低学年の人もなのです。

では、なぜ低学年の人にとっても大事な時期なのか考えてみてください。

私は高校生の時、部活と課題研究というものでとても忙しい日々を過ごしていました。

私が低学年だった頃は新型コロナウイルスも流行っていなく、部活は月曜日だけオフで土日は1日練習試合や午前練、

部活が早く終わったりオフの日には学校へ行き課題研究に取り組む、というスケジュールでした。

夏休みもほとんど部活や課題研究がありました。

体力的にかなりキツイ日々が多かったですが、あえて私は低学年の時期に東進に入学し、

低学年の時期から「勉強する習慣」をつけるようにしていました。

私は家であまり勉強をすることができないタイプであったため、疲れていても基本東進へ直行し

受講を進めてから帰るようにしていました。そのおかげか受験生になった時に、

東進に行くのは当たり前になっていたり勉強する習慣が勝手についていました。

普段あまり勉強習慣のついていない低学年の人にとって、夏休みは生活習慣を変えるチャンスです!

受験生の夏に勉強する習慣がなく大変な思いをする前に、今年の夏休みで勉強習慣を付け、長時間勉強にも

身体を慣らすという練習を少しずつでも始めていきましょう!

 

また、受験生になって基礎を一から勉強するということは難しいです。

なぜなら受験生は共通テストの過去問を解いたり、二次レベルの問題を解けるようにならなければならないこと

から基礎に時間を割いている時間はあまりありません。

受験生になった時に演習に時間を割いたり、応用レベルを行うためにも低学年の夏にある程度の基礎固めを

行うことが大切です!!

夏休みには自分の苦手分野をとことん勉強したり、学校の授業でついていけなかったところの復習をしたり、

学校よりも早いスピードで受講したりと、低学年の夏にやるべき課題はたくさんあると思います。

受験生になったら受験勉強を始めるのではなく、

低学年の今から受験を意識した勉強を始めよう!!

また、勉強だけでなくオープンキャンパス大学調べ職業調べなどを

低学年の夏休みに行うことをオススメします!!