不満足なソクラテス in summer vacation | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2021年 7月 11日 不満足なソクラテス in summer vacation

ご無沙汰してます。鈴木です。

 

 

僕は現在は大学の学期末試験に向けて勉強に励んでおります。

皆さんはそろそろテスト期間が終わる頃ではないでしょうか

 

 

 

さて、そんな期間を乗り越えれば待っているのは

夏休みでございます。

 

今更僕が言わずともわかっているとは思いますが、

夏休みはまとまった時間が取れるため、

非常に重要です

 

 

よって今日から数日間は夏休みを如何に有効活用するか、

というトピックで担任助手がお話することになっています。

 

 

おそらく今後のブログで具体的な方法論をたくさん聞けると思いますので、

僕からはもう少し抽象的で、かつ重要な考え方について書こうと思います。

 

 

 

 

さて、先ほど「まとまった時間が取れるため夏休みは重要である」

ということを言いましたが、

実は自由な時間がたくさんあると、

怠ける人と、苦しくても努力を続けられる人

に分かれてしまいます。

 

 

つまり、夏休みは成績を大幅に伸ばす人がいるのと同時に、

周りと大きく差を付けられてしまう人がいる、ということです。

 

 

勿論長期休みですからテレビやゲームの娯楽を楽しみたい気持ちは分かります。

なので完全に遮断しろ、とは言いません。

 

 

ところで、J.S.ミル(前回の僕のブログでも出ましたね)

はかつて『功利主義論』の中で、こんなことを言いました。

 

“It is better to be a human being dissatisfied than a pig satisfied; better to be Socrates dissatisfied than a fool satisfied.”

“満足した豚になるよりも不満足な人間になるほうが良い、満足した愚か者になるよりは不満足なソクラテスになるほうが良い。”

 

 

もの凄くざっくり何が言いたいかをまとめると、

この世には様々な人を満足させるものがあってそれに満足している人がいる。

それと比較して知的探求で常に頭を悩ませているソクラテス

のほうが不満足ではあるが、

より高尚な目的のための人生を送れている、

って感じです。

 

 

「満足な豚」とか少し言い過ぎていると感じる人もいるかもしれません。

しかしここで重要なのは、

この議論を皆さんの日常生活に当てはめてみることです。

 

 

皆さんが今直面しているのは受験勉強という苦しいものです。

世の中にはもっと楽に充実感を感じられるものがあるかもしれません。

 

しかし、自分が受験勉強をしている目的を

もう一度考えてみてください。

 

それぞれ目的は異なるかもしれませんが僕は全て素晴らしいものだと信じています。

 

 

勿論時には気分転換も重要です。

ですがどうか夏休み遊びたい誘惑に駆られたら、

自分の掲げた志や、

自分がどんな生き方を望むのか

を改めて思い出してください。

 

 

皆さんが夏休み精一杯頑張れることを期待しています!!

八千代の友よ、今こそ奮起せよ!!

 

 

 

 

次回は更新者は担任助手MVP(?)に輝いた倉前さんです!

お楽しみに~