【春】新しい環境に馴染む?適応する?いや、環境を作ってしまえ! | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2020年 3月 25日 【春】新しい環境に馴染む?適応する?いや、環境を作ってしまえ!

 

こんにちは!古川です!

 

新しい環境への馴染み方というテーマですが

 

前回須田さんが言っていたように

 

確かに”馴染む”と”適応する”はちょっと違いますね

 

ただ、馴染む・適応するどちらにも共通していることがあります。

 

それはどちらも既存の環境に自らが身を置くときに使う言葉であるということです。

 

既に環境が出来上がっているわけだから、その環境に馴染む・適応せねばならないわけですね

 

それでは、みなさんがこれから身を置くであろう

 

高校のクラス、大学の学科には既に環境が出来上がっているでしょうか。

 

全員が初めて顔を合わせ、1つの組織となったその瞬間にそもそも環境はあるのでしょうか?

 

「このクラスは凄い面白いクラスだな」

「この学科はみんな真面目そうだ」

 

とすぐその組織がどのような環境であるか判断できますか?

 

そうなんです。おそらくみなさんがこれから身を置く組織にそもそも環境など存在しません。

 

そして、その組織の環境、いわゆる雰囲気や考え方は誰かが作っていくものです。

 

そもそも環境に馴染むという考え方の前に

 

自らが環境を作ってしまえばいいわけです。

 

僕が組織の環境づくりのために行っていたことは

・自分から自己紹介をする

・積極的に話しかける

の2つです

 

というわけで僕が伝えたかったことは

環境に馴染む前に環境を作ってしまえ!!

ということです。

 

みなさんのよりハッピーな新生活を祈っています!

では!

 

================

 

 

 

================