【担任助手になった理由】松浦の考えとは・・・? | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2018年 9月 11日 【担任助手になった理由】松浦の考えとは・・・?

こんにちは!!

今日の更新は松浦が担当します!

 

とうとう夏休みが終わってしまいましたね!

学校が始まり、久しぶりに友達に会って、話したりして楽しいですよね!

文化祭の準備の最終段階に入ってきたり、余韻に浸ったり…

 

 

そんなときこそ!!

 

勉強時間が削られないように

注意して下さいね!

 

友達と一切話すな!勉強しろ!という意味ではないですが

必要な勉強量をしっかり確保してほしいという意味です。

 

秋以降は本当に勉強時間が足りないと感じて焦りを感じていたのをよく覚えています。

焦ることは決して悪いことではありませんが焦りすぎて空回りしてしまうのはよくないことなので気をつけましょう。

それとやることをリストアップするための計画を立てましょう!

僕自身も今週の木曜日から大学の後期の授業が始まってしまいます(泣)

お互いに頑張りましょうね!!

 

 

今回のテーマは

担任助手になった理由

ということで僕から書いていこうと思います!

 

僕が担任助手になった要因としては

 

1.自分の受験のような後悔する生徒を減らしたい

2.受験という壁の厳しさ

3.担当の方への恩返し

 

といったところかなと思います。

ありきたり過ぎてしまうので

一つずつ細かくみることにしましょう

 

1.自分が感じた後悔について

 

僕自身、受験で結果を残すことはできませんでした。

 

受験を終えて結果が出たときに自分に襲い掛かってきた最も大きなもの

 

それが後悔でした。

 

ないと思って焦っていたけど実際にはもう少し捻出できたはずの時間

あのときこうしていればという感情。

結果を残せなかったという事実。

 

担当だった方には申し訳なさ過ぎて謝ることしかできなかったです。

 

当たり前ですが後悔は簡単に消せません。

後から取り戻すことのできないどうにもならない現実なんです

 

悩んでいる時間は無駄ではないですが、

やるべきことをやらないとかはないようにしてください。

合格のための最善の行動を貪欲に求めて続けてください。

 

2.受験という壁の厳しさ

 

僕は受験の厳しさというものを身を持って体験してしまいました

残酷な話ではありますが

大学受験というものは努力した人全員が結果が出るとは限らないんです

努力とは大学合格のための必要条件であり

これだけ頑張ったら合格が保証されるようなことはありません

それを伝えるというのが結果を残せなかった担任助手がやれることだと思っています

 

さらにもう一つ

受験の中で一番苦しかった経験として精神的なダメージとの戦いがあります。

特に私大・国立二次の対策が本格化し始めて

問題の難易度の上昇とともに点を取ることが難しくなっていきます。

復習しても分析しても点数が伸びない、どうしてもわからない。

そんな時こそ一人で悩みこみすぎず、人を頼って下さい。

 

3.担当の方への恩返し

 

これも担任助手にきっかけを持った大きな要素です。

 

勉強の成果が思うように現れないとき

自分が自分でないような感覚に陥ったとき

どうしようもなく辛いとき

 

支えてくださったのが

担当をはじめとした

八千代台校の担任助手の方々でした。

 

この方々に直接恩返しをすることはなかなか難しいですが

 

「後輩の生徒にとって大きな存在になりたい」

「生徒が一番つらいときに支えになりたい」

 

そう思わせてくれたのは僕の生徒の頃に支えて下さったたくさんの担任助手の存在が

一番大きかったのではないかなぁと思っています

 

模試の点が伸びたときに一緒になって喜んでくれていたり

かなり自分たち生徒のことに気をかけてくださっていたので

この人なんでこんなに気にかけてくれるんだろう

とか

この人なんか変な人なのかな(笑)

とかまで

色々思っていましたが

今なら分かります。

 

生徒の皆さんが皆さん自身のために頑張り、結果を出す

たったそれだけでもめちゃめちゃ嬉しいんですよ

 

その場に関われるだけでありがたいと思っています。

 

それだけに皆さんには後悔してほしくないと思っているし

元気がなかったり、悩んでいたりしたら心配するんですよ。

 

だからこそメッセージとしてはありきたりですが

本気で大学受験に立ち向かってほしいし合格をつかみ取ってほしいです。

 

最善を尽くしてください。

共に受験を戦い抜きましょう!

 

明日の更新は箕輪担任助手です

生徒への感情が満ち溢れている彼がどんなブログを書いてくれるのでしょうか??

お楽しみに!

 

 ==各種申し込みはこちら【すべて無料】==

====【合格体験記はこちら】====