【二次・私大】国立勢、ここからが勝負 | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2019年 1月 30日 【二次・私大】国立勢、ここからが勝負

===【共通テスト対応模試の申し込みはこちらから】===

 

 

 

こんにちは、あみっこです

 

最近またさらに寒くなって、

雪が降らないのが不思議で不満な日々です

 

( ↓ 下に続く ↓ )

 

==志田晶先生が八千代台校に!==

==申し込み受付中!==

 

さて、本題に入りましょう

 

今回は

【二次・私大に向けて】

というテーマですが、

その中でも自分がそうであったことから、

国立の人向け書いていきたいと思います。

 

“国立に受かる人” というのは

2月25日の入試本番まで、

 

「絶対に国立に受かる・受かりたい」という

強い意志、意欲がある人です。

そしてその意志の元、頑張り続けられるです。

 

逃げたり、妥協したりせず、まっすぐ、揺るがず、

受かることだけを考えられるのみ

受かるべくして受かります。

 

 

私はこのような強い意志がなく、

私立にしたいなぁという弱い気持ちを抱えたまま、

5教科7科目をなんとなくで勉強をしていたと思います。

 

しかし、センターではいつもより良い点が取れて、

国立の判定はBの文字。

あれなんだか行けるんじゃないか?

と思ってしまい、とても油断してしまいました。

 

その結果、過去問も、答練も、全く身に入らず、

なんとなく数をこなすだけの作業で入試を迎えてしまいました。

 

結果はもちろん不合格。

 

国立の意志の大切さを身を持って痛感しました

 

 

ここ最近校舎で、

「判定が〇だった!」「すごいね!私は〇だった~」

などといった、生徒間の会話をよく耳にしていました。

 

 

そんな人たちに言いたいです。

 

 

判定なんて所詮判定なんです。

 

どんなにセンターで成功しようが、

これから受ける、二次の試験で点をもぎ取らなくては

合格は掴めないんです。

 

センター利用とは違うんですよ。

 

 

センターが終わったこの時期に頑張り切れるか

みなさんの合否を分けます。

 

私大の過去問も解かなければいけなく、

忙しく、大変かと思います。

早く終わらせたくなる時もあるかもしれません。

 

けれど、そんな時こそ、

 

一番行きたい

受かりたい

 

という強い気持ちを思い返してください。

そうしたら最後まで、二次試験当日まで、

頑張れると思います

 

 

25日までやれることを最大限やりましょう!

何度も自分に受かるんだと言い聞かせましょう!

書く手を決して止めず、最後まで解き続けましょう!

 

 

 

応援しています。

 

 

明日は八千代台校のでめきん(?)

あの担任助手です!

お楽しみに

 

 

 

 ==各種申し込みはこちら【すべて無料】==

 

====【合格体験記はこちら】====