【大学で頑張っていること】松浦は何を頑張ろうとしているのか | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2018年 8月 30日 【大学で頑張っていること】松浦は何を頑張ろうとしているのか

 

こんにちは

今日の更新は松浦です。

急激に涼しくなったと思ったら猛暑が襲い掛かってきたりと、気分屋みたいな天候ですね。

 

模試を受けた人は今日で4が経ちますね。

国立志望の人もそろそろ復習や分析シートを終えてないと遅いのではないでしょうかね 

模試や過去問で間違えた問題ほど弱点として明確に表れているものはないですよ

 

復習しなければ模試を受けた意味はないと心に刻んでおいて下さい。

後日受験の人も残り3日、できることはまだまだあるはずですよ!

 

ギリギリまで粘って目標点を突破しましょう!

 

 

 

今日のテーマは【大学で頑張っていること】というテーマですね

 

正直言って箕輪担任助手のように国家資格の取得に向けて頑張っているとかのように明確に言えるようなものがない

というのが僕の現状です

 

高校生のときは公認会計士や税理士もしくはファイナンシャルプランナーあたりの勉強をしようかなと思っていましたが結局踏み切れていません

 

強いて言うならばビジネススクールや大学での英語の勉強を通じてTOEICのスコアを155伸ばしたことで大学生の平均スコアの444にすら満たないところからまあまあなスコアに脱出したというくらいでしょうか

 

でも日本を除く世界の大卒はノンネイティブとして英語が話せるのは当たり前と言われています。大学1年生の僕は学部の専攻科目は始まっていないのでまともに身についていません。

つまりこのままでは自分は大卒としての価値を一切持たないまま社会に出ることになってしまうわけですよ。

 

なぜこのような状況になってしまったのか、自分でも心当たりが分かっているのでそちらについて話そうかなと思います

 

ことの始まりは今年の3月ないしは4月でしょうか

 

ご存知の人も多いとは思いますが僕は大学受験に失敗しています。

ここなら満足して進学できると考えていた大学の不合格がすべて判明して、抜け殻のような生活を送っていました。

受験に対する後悔を感じたり、人生終わったなって思ったのは一度や二度ではないし

試しに終わらせてみようかなとも思ったしこのときの自分は正直思い出したくないというのが本音です。

切り替えもできず大学受験の結果を引きずったまま大学に入学し、気づけば6月になっていました

 

この空白とも言える2か月すこしで僕が何をしたかというとまともなものが浮かんできません

大学の講義を飛ばしていたとか遊びまくって怠けていたとかそういう意味ではないです

むしろ講義には確実に出席していたし最低限やるべきことはやっていました

ただ大学生は求めなければ成長どころか成長の機会すらもありません

この期間に大学生として、人として自分がこの面で成長できたというのが何一つ思い当たりません

 

今となってはなんとか立ち直っていますが2か月という貴重な時間を失い

これを頑張っている言えるものすらないのが現状です

 

 

先日の私立文系対象者の志望校HRに出席した人には申し上げましたが、

第一志望校に受かった人ですら後悔のない受験勉強を送れたという人はほとんどいません。

想像がつかない人は後悔のない夏休みを過ごせたかという質問に置き換えてみると

少しは想像しやすいのではないでしょうか

 

大学生になって頑張れることなんていくらでもあります

理系は大学の授業や実験などが忙しくて難しいのかもしれませんが

文系なら国立私立共通で比較的自分のことに時間を使えます

 

文系大学生の利点は自分のために使える時間が多いことだと思います。

世間では文系は暇だと理系から揶揄されることが多いですが

誰からも拘束されず自分の好きなことに時間を割くことができるのは強みなのではないでしょうか?

(目標がないと自己管理するのも難しいですが)

 

むしろ何も考えずにとりあえず理系に進んで

興味もないことに忙殺されて

やりたいことにさえ時間も割けない無意味な4年間を過ごすことに比べたら

よっぽどマシではないでしょうか?

(有意義な4年間を過ごせている理系の方ごめんなさい)

 

時間を割く対象が大学の授業、国家資格、言語などなど、自分の将来につながることならなんでもいいのではないでしょうか。

 

このブログを書いているうちに僕自身も

もう一度頑張ろうと思えるようになってきたので

何がやりたいか分からなくなってきたときは

少し書き出してみるのも有効かもしれません

 

僕は高校生の頃に考えていたファイナンシャルプランナーや公認会計士について調べなおして

大学1年生のうちにTOEIC700点を突破できるようにもう一度頑張ってみようかなと思います

 

 最後になりますが皆さんには本当に本当に後悔をしてほしくないです

大学受験における後悔は大げさな表現でもなく

一生抱える後悔になるかもしれません

 

みなさんが考えている理想の大学生活を送るためにも

皆さんが立ち向かっている受験に向かって

全力で取り組んで下さい

 

少なくとも八千代台校の皆さんには未来の自分に

後悔だけを送り届けるような受験勉強をすることだけはやめてもらいたいです

一番後悔するのは私たち担任助手ではなく皆さん自身です

一緒に頑張りましょう!

 

 

明日の更新は名前の読み方が難しいランキング第一位の榊原担任助手です。

 

大学の勉強にもサークルにも、何事にも頑張っている彼女が一番頑張っているのは何なのか、お楽しみに!!

 

 

 ==各種申し込みはこちら【すべて無料】==

====【合格体験記はこちら】====