絶対に負けられない勝負の夏 | 東進ハイスクール 八千代台校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2021年 7月 31日 絶対に負けられない勝負の夏

こんにちは!

今回の担当は

オリンピックがアツすぎて毎日喉を潰しかけている

井上祥太朗です。

 

 

先日、大学の海洋実習で船に乗ってきました!

プランクトンを観察したり、

海のDOやPHや海水温を調べたり、

上までのぼったり貴重な体験をしてきました!

 

そんな大学の話は置いといて

今回はこの天王山と呼ばれている夏休みどんな目標を立てていたか

そして目標を立てる意味とは

について話していこうと思います。

 

私は東進に入るのが遅く、7月から東進に通い始め

他の人たちよりもスタートが遅かったです。

そのため基礎の部分が全然出来ていなかったため

夏休みの目標は土台となる基礎の部分

そして基礎だけでなくいろんな問題を解いていく!

という目標を立てていました。

 

夏休みという一番勉強に時間がかけられる時期に

基礎だけを固めるのはもったいない、だからいろんな問題にも触れていこうと思いました。

 

正直目標立てる意味あるの?

と思う方もいると思います。

ですが、みなさんは部活等で県大でたい!ライバルに勝ちたい!

とか思ったことありませんか

これも立派な目標ではないですか!

少なからず、部活入っている人は

目標を持っていると思います。

私も高校時、陸上部に所属していましたが関東大会にでたいという目標を持っていました。

 

目標なく部活を過ごしてるのは

正直、入っている意味もないし

無意味な時間を過ごしているのかなと思います。

 

ですが、目標をたてるということは誰にでもできます。

一番大切なのは

目標を立てた後の行動なのです!

どんなに県大にでたい!と言っても

練習しなきゃ上手くはならないし、自分の弱点も克服できません。

これは勉強にも同じことが言えます。

「数列を克服する!」といって数列の問題を解かなかったら

そりゃ克服もできないし苦手なままになってしまいます。

 

目標立てた後、それをどうやって達成するのか

行動に移すことが重要です!

 

これが目標を立てる意味だと思います。

皆さんは目標を立てるだけでは終わらないで

その目標を達成できるよう努力してください!

 

 

 

次回の担当は

本格的に何かを始めようとしている

瀬川担任助手です。