燃え尽き症候群に悩まされてたすみれのモチべの保ち方とは? | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2019年 10月 11日 燃え尽き症候群に悩まされてたすみれのモチべの保ち方とは?

 

こんにちは。

秋になってきて少しずつ涼しくなってきましたね。

体調管理に気を付けていきましょう!

 

さて今回のブログテーマ…「モチベーションの保ち方」です!

 

実は私、高2生の時からある疑問に悩まされていました。それは…

 

「勉強することに何の意味があるのか?」でした。

勉強することに全く意味を覚えず、頭良い大学に行って、いい職業に就いて、果たしてそれに何の価値があるのか

全然理解できませんでした。

 

この疑問を高3生になってもいつまでも持ち続けていたために、

 

1カ月に1回ぐらいの高頻度で燃えつき症候群になっていました。

そんな時にもう一度モチベを取り直そうと頑張っていたことは、2つあります。

 

1つ目

行きたい大学の行きたい学部学科のHPでどんなことをやっているか、キャンパスはどんな感じか、

実際そこまでどの路線を使っていくか考えていました。

やっぱり大学に受かりたくない人なんていなし、行きたい学校があるのであればこれが一番有効な気がします。

 

2つ目

これは保ち方とは少しはなれてしまいますが…

とことん悩む。

もちろん毎日登校や毎日受講、過去問演習などはしっかりやります。

と同時になぜ勉強をしているのか、自分の努力の意味付けをしようとしていました。

モチベーションはみんな人間なので下がることも当然あります。

だからこそ

下がってしまった時に「私はこのために勉強をするんだ!」ということを

しっかり意味づけしていられればまた戻ってくると思うんですね。

 

何やってもほんとにモチベ上がんない…

と悩んでる方はぜひ勉強は進めながら、立ち止まって思考する。

少し器用な逃げ方を覚えてみて下さい。

 

明日のブログは末次担任助手です。お楽しみに!