受験生のみなさんへ | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2019年 1月 18日 受験生のみなさんへ

本日の更新担当は西村です。

 

めずらしくブログを書かせてもらいますが、今回はセンター試験前日ということで受験生のみなさんへメッセージを送ります。

 

 

いよいよ明日、センター試験当日を迎えますね。

国立大学受験者はもちろんのこと、私立大学受験者もほとんどの人が大学受験の最初の試験として受けることと思います。

 

大学受験だけではなく人生における大きな壁、試練にぶつかったとき

 

どう乗り越えるか

ぶつかるか

はたまた逃げるのか

 

そういう物事への姿勢、取り組み方というのは10代20代での経験というものが

その後の人生に非常に大きな影響を与えるのではないでしょうか。

 

今みなさんは明日の試験がどうなるのか、自分は合格できるのかどうなのか

当然ながら目先のことでいっぱいになっていると思います。

 

しかしこの時期だからこそ試験の結果、受験の結果ではなく

自分自身の試験への取り組み方、姿勢に意識を向けてみてください。

 

 

自分の弱い部分やできていないところ、不安な気持ちを直視しなければならないこともあります。

 

それはそのまま認めてあげてください。

 

「○○ができていないから自分は不安なんだな」

「すごい緊張しているな。それだけ頑張ってきたから失敗したくないんだな」

 

自分のことだけど、半分どこか他の人を見ているような

俯瞰(ふかん)している状態のことをメタ認知と言います。

このような状態になれば緊張や不安は消えるわけではないけれど

緊張や不安のせいで失敗することはかなり少なくなります。

 

自分のことを客観的に認識し、取り組み方、姿勢へと意識を向けることは

みなさんを合格へと近づけてくれると思います。

 

それだけではなく今後また何か大きな物事に向かっていくときにも活きる経験、糧になるはずです。

 

何らかの事実や自分自身の正直な感情と向き合ったときに

何かを断念したり、違う選択肢を選ぶことは逃げることだとは思いません。

 

事実から目を背けること、自分の気持ちと向き合わない、認めないことが「逃げ」なのではないでしょうか。

 

八千代台校のみなさんには是非、自分自身と向き合い

自分は何をするか、どう取り組むか、自分自身で選択をしてほしいです。

 

 

最後に、私が学生のときに聞いて心に残っている言葉を送ります。

 

「人生において最大の壁は自分自身の感情である。

しかし人生において最大の力となるのもまた自分自身の感情である。」

 

たいていの物事は自分の捉え方、取り組み方で変わると思います。

 

みなさんの健闘を祈ります。

がんばれ!校舎で待っています。