大失敗の秋と伊藤のモチベ維持術 | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2019年 10月 5日 大失敗の秋と伊藤のモチベ維持術

みなさんこんにちは!今月の目標は「勉強の秋」伊藤です。(本当です)

もう10月に入っているというのになかなか涼しくならないですね。暑くて秋が待ち遠しいです。

受験生の皆さんはいよいよ受験まで約三ヶ月になりました。

学習は順調ですか?半年後の自分が見て後悔しない生活を送れていますか?もう一度自問自答してみて下さい。

さて、今回のテーマは「モチベーションの保たせ方」ということで、僕からは2点お伝えしたいことがあります!

自分は夏休みの一か月半本気で勉強をしました。模試の日を除くほぼ全ての日で最低10時間は勉強しましたし、体がそのリズムに慣れてそれ自体全く苦に感じなくなっていて充実していたと思っています。

しかし、9月に入り学校が始まったことでまず感じたことはまとまった勉強時間の確保の難しさです。

受験生は夏が終わりこれを身に染みて感じたと思いますが明らかに勉強時間が減ります。

また、僕は夏にかなり頑張った達成感と8月模試でそこそこ取れてしまったことによる謎の慢心があったことで9月は全く勉強しなくなります。(毎晩数時間はYouTubeやネットサーフィンに充て、ひどい時は一日1時間しか勉強しない日もありました。)

所謂「燃え尽き症候群」でした。

そのヤバさに気付いたのは10月も後半に差し掛かってからだったと思います。焦りを感じて再び頑張り始めたときにはライバルとの差は歴然で、このことによって秋模試は壊滅的、成績もあまり上昇することなく冬を迎えてしまいました。

そのまま勉強を継続するも判定は最後までDE。結果第一志望校不合格になったということです。

何が言いたいかと言いますと、

①秋につけられた差は巻き返し不可能

ということです。

受験生の皆さん、ここで気付けたらまだ遅くはないです。僕のような過ちを繰り返さないためにももう一度自分の学習を見つめ直してみて下さい。担任助手に相談してくれればいつでも力になります!

 

ここまでは僕の失敗談だったのですが、とはいってもやはり人間気持ちは上下します。

どうやって勉強のモチベを維持すればいいのか分からないことも多いと思うので僕から話せることを話します!

この時期は学校もあって勉強だけに集中することも難しいし、なにか短期的な目標があるわけでもないし、ただただ受験の日が近づく日々で焦りや不安も出てくるし、かといってまだ三ヶ月あるしといって危機感が湧かなかったりと色々な悩みがあると思います。

実際僕もそうで秋はなかなかモチベを安定させることができませんでしたよね。(前述)

そんな僕でも1つ心にとどめておいたことがあります。それは、

②「小さな達成感」を大事にする

ということです。

何でもいいです。この問題集をいつまでに一周する。一周できれば自信になります。

あの模試でC判定を取る。C判定を取れば少しは安心できます。

そういった日々の達成感が自分を少しでも勉強へと駆り立ててくれる要素になり得ると僕は思います。

何か達成したら、その日の終わりには自分にご褒美をあげることも忘れないでくださいね!

また、受験後の高校生活や春からの大学生活を謳歌している自分を想像してみるのも効果的かもしれません!

長い受験生生活ももう後半戦です。今が苦しい時期だと思いますが、たとえ結果が出なくても自分を信じて周りに頼って乗り越えて下さい!担任助手一同応援してます!

次回の更新は友永担任助手!お楽しみに~

==【詳しくはこのバナーをタッチ!】==