【長島の暗記必勝法】 | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2019年 3月 31日 【長島の暗記必勝法】

 

==【詳しくはこのバナーをタッチ!】==

 

こんにちは!

春休みも終盤ですね~

新学期の準備はできていますか?

私は全然進んでいないので

焦っているところです(汗)

 

本日は私が実践していた暗記法

紹介したいと思います。

良かったら参考にしてみてください!

 

①声に何度も出す

日本史で聞きなれない人物名や、英語で初めて聞く熟語

聞きなれない言葉や単語って覚えにくいですよね。

に出すことによって

音で自然と覚えられるようになります!

そしてそれを反復してください。

覚えたい語を1日10回、1週間続けたら

嫌でも記憶に残ります!

 

②青ペンで書きまくる

漢字や日本史でよく出るワードは

ルーズリーフに青ペンで殴り書きしていました。

日本史は言えても漢字が間違っていたら

0点です。

綺麗な字でなくてもいいので

覚えられるまで毎日10回は書いていました!

いつしか青ペンとルーズリーフを消費するのが

楽しくなっていました(笑)

青はリラックス効果をもたらし、

集中力を高める効果もあるそうなので

青ペンをストックしておくことをオススメします♪

 

③アウトプットを怠らない

覚えるためには、教科書をたくさん読んだり

単語帳を何周もしたり

インプットばかりになりがちですが

アウトプットも同じくらいの量やってください。

自分がどこをできていないのか把握したり

どんな問われ方をするのかを知らないと

点数に繋がりません。

覚えたはずなのに点数に繋がらない人は

もっとアウトプットの量を増やしてください!

 

④覚えられるまで繰り返す

少しくらいならすぐに覚えられるかもしれませんが

受験では覚えきれないくらい膨大な知識が必要ですよね。

それを無理して1日で暗記しようとしなくて大丈夫です。

覚えられないワードは、毎日10回声に出すなり書くなりして

それを覚えられるまで継続しましょう!

そのためには時間が必要です。

暗記科目は後回しにしがちですが

早めに手を付けておかないと

受験直前期に追い込まれることになります。

 

暗記が苦手な人もたくさんいると思いますが

暗記も理系科目と同じで

できるようになるととっても楽しいので

自分にあった暗記法を見つけてみてください!