【芸術の秋】〜受験を通して得られうるもの〜 | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2018年 10月 17日 【芸術の秋】〜受験を通して得られうるもの〜

 

つい先日

紅葉を観に行きました

眼に映る光景を

鮮やかな色のコントラストを

自分のものにしようとして

カメラを向けました

 

けれど

スマホにおさめたそれは

僕が観ていた景色とは

違ったものでした

 

256³色では

表せない

色が

何かが

そこにあったのでしょうか

 

 

さて

今日のブログのテーマは

【〇〇の秋】

ということで

僕は

芸術の秋

をテーマに

書いていこうと思います

 

センター試験まで

100日を切り

受験も終盤に

差しかかろうとしている

今日この頃

皆さんは

何を思い過ごしていますか?

 

「時間がない」

と焦燥感に

駆られている人

 

いまいち

実感がわかない人

 

早く本番が来ないか

と心待ちにしている人も

いるかもしれませんね

 

去年の自分を

振り返ってみると

本当に1日1日

様々な感情を抱き

過ごしていたように思います

 

辛い

きつい

苦しい

 

そんなありふれた

言葉では

言い表せない

複雑な感情を

抱いている人も

少なくないのかなと

思います

 

いや

複雑

で片付くほど

単純なもの

ではないですよね

 

 

 

そんな時

僕はよく

イヤフォンの中に

逃げ込みました

 

何かを塞ぐために

何かを開くために

 

そこには

僕の感情に

寄り添ってくれる

歌詞が

メロディが

叫びが

ありました

 

深い深海に

沈め込まれたり

 

時には

一筋の光を見せてくれたり

 

 

言葉に表せない

僕の感情を

詩で

歌で

メロディで

吐きでしてくれているような

代弁してくれているような

そんな気がしていました

 

 

このブログを書きながら

ふと思ったのですが

芸術とは

言葉では到底表現しきれない

誰かの心の叫び

なのではないかなと

そんな風に

思っています

 

眼に映る景色を

その色彩を

256³色では

表現しきれなかったように

 

僕らの感情を

歪に捻れ

絡み合っている

叫びを

言い表すには

言葉では少なすぎます

 

そのもどかしさ

歯がゆさの中で

 

どうにか

表現しようとした

その苦闘の結果が

芸術作品なのかもしれません

 

いや

その過程で

生まれてくるものが

芸術作品なのかもしれません

 

 

喉まで上がって来て

吐き出そうと思った

感情が

音楽や

小説や

絵画などに

形を変えて

表現されているのかも

しれません

 

 

みなさんが今

受験を通して

迷い、悩み

自分と向き合いながら

胸の奥で抱えている

その感情は

ある日

芸術作品に

そこにある感情に

出会った時

共鳴し

何かを吐き出せたような

そんな感覚を

感動を

味わうかもしれません

 

僕が言いたいのは

受験を通して

嫌になる程

自分と向き合い

生まれて来た

様々な感情は

それがどんなに

醜いものであろうとも

みなさんを

深みのある人間に

するものだと思います

 

感じるものが

見える世界が

変わるから

 

だからこそ

今のこの瞬間を

感情を

見えてる世界を

大切に

 

 

 

 

 

 

なんて言ってみても

今のみなさんには

僕の言葉は

説教くさく

胡散臭く

聞こえていると

思います

 

ただ

ひとまず

そういうこと

にしておいて

そっと

引き出しにでも

しまっておいてほしい

 

いつの日か

僕の言葉の意味を

少しでも実感できる

その日まで

 

そんな人が

一人でも生まれることを

願いながら

締めくくらせて

いただきます

 

 

 

 

 

明日のブログは

元気ハツラツ

スポーツウェルネスの

〇〇担任助手です!!

 

誰かわかったかな?

 

お楽しみに!!

 

 

 ==各種申し込みはこちら【すべて無料】==

====【合格体験記はこちら】====