【粟生の今年1年の振り返りと新年度の目標について】 | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2019年 3月 27日 【粟生の今年1年の振り返りと新年度の目標について】


==【3講座無料招待受付中!】==

==【八千代台校の合格者を掲載中!】==

 

 

こんにちは!

さて、もう少しで新たな学期が始まりますね!みんな学年が上がりますが緊張せずに頑張ってくださいね。

また、もうすぐ新元号の発表もありますね。皆さんも新しい元号を予想してみてはいかがでしょうか?

新しい時代、学年の前に1つやらないといけないことがあります。

 

何でしょうか?

それは

 

1年間の振り返りです。

ということでやっていきましょう!粟生の1年間の振り返りと今後の目標です!!

 

 

まず振り返りということで……

今年1年間をざっくりいうとすごく羽を伸ばし、自由に動けた1年でした

旅行も3度行くことが出来ましたし(前年度比+3)、勉強の方も完全に納得とまではいけませんでしたがある程度妥協できる範囲までは取る事が出来ました。何より身体的な疲労は過去比べて1、2番くらいにきつかったですが、精神的には小学校時代並に楽でした。こういうことから自由に動けたのかもしれませんね。

 

さて1年間での反省とするとまずさっき言ったように学校の成績ですね。自分の中にも詰めが甘いと自覚出来るところがあり本来失敗するような所ではない所でミスをしてしまいました。

来年の目標、これはもう上の反省を二度としないということですね。妥協せずに頑張っていきます。

 

 

ここからはこの1年で得られたことについて書いていきます。

それは「教育者」という者はただ教壇に立って教える、よく学校で見ている人だけではないということです。

担任助手のように日々みんなの相談にのったりするのも一種の「教育者」(みんなの1~3個上でこんなこというのもあれですが)になりますし、この日本の教育制度を変える人も「教育者」です。

このような形もあるというのはこの1年、担任助手をしなければ決して得ることはなかったでしょう。

そして、今自分がもし「教育者」になるならこれがしたい、という考えを持つこともなかったと思います。

その決断がどのようなものなのかは4月の粟生のブログを待っていてくださいね。

きっと自分の思い全てを書くと思います。

もちろんこれについての来年の目標は自分のやりたいと思える「教育者」の像を貫くことです。

 

 

若干他の人と異なり後半重い話をしてしまいましたね……

 

明日の更新は新井担任助手です!

お楽しみに!