【志望校決定の決め手と葛藤、今だから言える後悔】志望校の無かったあの頃… | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2019年 2月 27日 【志望校決定の決め手と葛藤、今だから言える後悔】志望校の無かったあの頃…


==【3講座無料招待受付中!】==

こんにちは!古川です。

いよいよ一般的な2018年度も残り一カ月ですね〜

今年度はどんな1年でしたか?

 

さて、今回のテーマですが

僕は最後まで明確にここが志望校だと

言える大学が無いまま

受験を終えました

(とは言え、大学では楽しくやってます!)

 

志望校がないということは

目標がない。受験勉強のゴールがないのと一緒です。

 

よく受験勉強はマラソンに例えられますが

僕は当時、ゴールのないマラソンをしていました

 

どれだけ走っても

それは進んでいるのかもわからなければ

下手したら後退しているのかもしれない

 

このような状況でモチベーションなども

存在するわけもなく

当時の僕はただただ惰性的に勉強を

していました

 

結果的にはそこそこの点は取れるようになりましたが

決して難関大学に合格するような

点数というわけではなく

結果的に今の大学に通っています。

 

 

今一度他の担任助手のブログも

読み返してほしいのですが

僕だけでなく他の担任助手も

後悔を記していますよね…?

 

そう。これだけ口うるさく皆さんに

「やりたいことはなんだ?」

「志望校はどこだ?」

と言っている担任助手でさえ

当時は悩んでいたし

振り返った時に後悔しているんです

 

受験はあくまで

将来の目標を達成するための手段

後悔している自分が言うのもおかしな話ですが

そのような大事な受験で

後悔して欲しくありません

 

今の志望校は本当に志望校なのか?

将来自分のやりたいことはなんなのか?

 

今一度考えてみてください!

 

明日のブログは新井担任助手です!

お楽しみに!

 ==各種申し込みはこちら【すべて無料】==


 

====【合格体験記はこちら】====