【夏休みの過ごし方】開館から閉館までいる計画立てられていますか? | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2018年 7月 16日 【夏休みの過ごし方】開館から閉館までいる計画立てられていますか?

 

 

==【最大4講座20コマ無料招待!】==

こんにちは!

今日の更新は松浦が担当します!

最近コンビニで甘いものを買いすぎてお金が飛びに飛んでいます…

計画的に使いたいものですね。

 

先日までたくさんの担任助手が志について語ってくれました!

本当に深い内容で面白い内容ばかりでした!

まだ読んでいない人はぜひ読んでみてください!

 

 

今日からのテーマは

【夏休みの過ごし方】です!

 

 

特に受験学年のみなさんからしたら

受験の天王山とも言われる夏休み、

早く来ないかなあ、という人もいれば

夏休み怖いな、どうしようという人、

色々な心情で夏休みをむかえようとしていると思います。

夏休みの時間の使い方、東進にいる時間以外の過ごし方など悩みや不安なんて山ほどあると思います。

不安なんてあって当たり前なんですよ

 

今回僕から言いたいことは大きく分けて2つ。

1.最初の1週間を大事に過ごしてほしいということ

2.不安や悩みを溜めこみすぎないこと(ある程度悩むことはあっていいですが)

 

まずは最初の1週間について

夏休みの最初の1週間をしっかりと時間単位での細かい計画を立てておかないと本当に1日1日があっというまに過ぎていきます

特に夏期合宿に行く人は合宿中はタイムスケジュールが決められているということもあり帰ってきたあとの習慣が本当に大事になってきます。

夏休みが始まった最初の1週間、だらだら過ごしてしまうとそのままよく分からないまま夏休みを終えて、模試での結果も奮わずに終わるということになりかねません。

ここで僕から強調しておきたいことは

7時開館に合わせて朝登校をすること、休憩時間の量と使い方、それから帰宅後~寝る前の時間の使い方です

特に朝登校ができていない生徒は本当に第一志望合格を逃した生徒が多いし、データでも現れています

 

2つ目の不安や悩みに関して。

勉強を進めて行くうえで(特に過去問とか始めると)今までの勉強では出てこなかった悩みとかが出てくることがあるかと思います

過去問って実際に入試で解かなければいけない問題だから、点数として結果に出ないだけで本当に不安になるし、投げ出したくなるときが来ると思います

 

そういうときこそ、不安や悩みを溜め込まずに両親でも担任助手でも

誰でもいいです。一度人に全部ぶつけてみて下さい。

心を開ける相手なら本当に誰でもいいと思います。

話すだけで軽くなることってそれほど珍しいことじゃないし、溜め込んでいてもストレスになって勉強に弊害も出てくるかもしれません。

僕ら担任助手が解決できる問題なら

みなさんが悩みを発散しきって、納得行くまで全力でサポートしますよ。

担任助手ってそのためにいるようなものですからね。

 

みなさんが時間をフル活用して、8月のセンター試験本番模試で大きな成果を出すこと

 

僕はみなさんならできるって期待していますし、できると信じています。

 

最後に本当に大事だと思うのでもう一度!!

最初の1週間までに細かい計画を立てて実行すること!

そして、悩みを溜めすぎないこと!

夏休み、本気で努力して良かったと言いきれるように、全力で走り抜けましょう!

 

 

明日の更新は古川担任助手です!

秋まで部活をしていた彼がどんなブログを書いてくれるのでしょうか!

楽しみですね!!

 

 

==【最大4講座20コマ無料招待!】==

 ==各種申し込みはこちら【すべて無料】==

====【合格体験記はこちら】====