【伊藤から最後に】 | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2019年 4月 18日 【伊藤から最後に】

 

==【八千代台校の合格者を掲載中!】==

 

こんにちは

伊藤開が書くブログもこれが最後になりました。

いろいろ迷った末なのですが4月で東進を卒業することになりました。

(卒業っていうことでこう芸能人の気分が味わえますね。ちなみに味わえませんでした。)

1年間担任助手やらせていただき本当にありがとうございました。

生徒時代に1年間、担任助手として1年間と過ごしているととても愛着がわいてしまいますね。

しかしやめると決めたからにはその分みなさんに堂々と誇れるような素敵な1年にできるようがんばります!!

考えてほしいみたいなことはこのまえのぶろぐでもかいたのでやめて、もう一個大切にしてほしいと思っていることを書こうかなと思います!

それは、

当たり前のこと、

やらなければならないことを

きちんとやりきることです。

 

去年受験を経験し、今年生徒を見ていて

本当にそう思いました。最後だからこそちょっと厳しいことも書かせて下さい。

勉強面

当たり前のことっていうのは英単語や古文単語を毎日やるとか、過去問を一定数やるとかそういうことです。

むやみに何も考えずにやるのは最悪ですが、

自分で意義を考えて面倒だと思ってもやるべきだと思ったことはやりきること。

自分はこういう事に関しては毎日続けたしやりきった自信があります。

もちろん既に身に染みついてるならやる必要はないのですが、

多くのそうでない生徒はそういう勉強をするべきかなと思います。

こういう事ができた自分やできていたなと思う生徒は結果も出ています。

結局当たり前の基礎的な勉強ができていないと演習しても意味ないし、

なんとなくで解く状態が続いてしまうと思います。

だからこそ

基礎的なこと。当たり前のこと。

やりきった受験にしてほしいです。

勉強以外

自分は大学受験するまで本当に自己肯定感が低くて自分にまったく自信もない

なにひとつまともに取り組んでないような人間でした。

でも大学受験を通して

たくさんの担任助手さんやグルミなどの友達に支えられて、

頑張ることができている実感と成果も出ることで自分に自信がつき、結果も出やすくなる→からより頑張れるという好循環が生まれました。

このことは受験にも大きなプラスをもたらしたと思いますが、

同時に今自分が担任助手ような仕事ができたり、大学で新しいことに挑戦しようと思える、人と話そうと思えるようになるなど、受験だけに限らずおおきく自分の人生にプラスな影響を及ぼすことができたと考えています。

ですから今自分に自信がない人、頑張れない人こそ一歩頑張ってみて自信が持てるようになってほしいなと思います。

受験勉強は自分のいやなところもたくさん見えますが、そんな中で頑張り抜いた経験は絶対に活きます!

八千代台校にはいませんが、近くで応援しています!!!!

頑張ってください!!!