平等なチャンスを大切に | 東進ハイスクール 八千代台校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2023年 1月 13日 平等なチャンスを大切に

 

 

明日はもう共通テスト本番ですが、準備は万端でしょうか?

当日は思いもよらないことも起こるかもしれないので、

前日に出来るだけ準備は済ませ、

当日にバタバタしないようにしておいてください

 

今年の受験生は、ちょうどウイルスの猛威に阻まれた世代で、

思うようにできないこと、制限されていることが多い中で高校生活を送ってきた人たちです。

その中で、自分の目標に向かって勉強してきたのは素直にすごいと思います!

腐ってもおかしくない中で、やってきた自分を褒めてあげてください!

 

その成果を出すタイミングが明日からの入試です。

実際、どんなに平常心にしようとしても緊張します。

自分の人生で一番緊張したのはこの日で、今でもかなり鮮明に覚えています。

 

だからこそ、準備をして少しでも和らげておく、

良かった自分を思い出して自信を持ち、

これから先の成功を想像してみる

それだけでも少しは緩和されるかなと思います。

そもそも緊張できるというのは、そこに何かしらの感情が働いているからです。

頑張っていないもの、どうでもいいものは緊張しません。

緊張できるぐらいに自分は頑張ってきたのだと誇りに思ってください。

 

あとは物理的に緊張状態を作り出さないことです。

緊張に近い状態は身体の硬直や心拍の上昇から作り出すことが出来ます。

それを落ち着かせるために、ため息も有効です。

ため息をつくと幸せが逃げるなんて言いますが、

ため息は筋肉の硬直状態を緩和してくれるので、緊張時には意外に効果があります。

 

敵を大きくしない、状況を緊迫させないのも手だと思います

相手も同じ学生かそれに近い年齢の人間です。

プロと戦うわけではないので安心してください

共通テストですべてが決まるわけでも、まして受験で将来が決まるわけでもありません。

人生において一つの重要な要素であっても、それで死ぬわけでもないです。

適度に追い込んで、程よい緊張状態を作りましょう!

 

体調面は管理できていますか?

世界は平等ではないけれど、受験のチャンスは平等に来ます

そのチャンスを体調のせいで取りこぼさすのは一生後悔するでしょう。

無駄な後悔を避けるためにも平等にできることはしていきましょう

 

最後に、敵は己なりという人も多いですが、

個人的に己は味方だと思ってます。

自分を内の自分と客観視する自分に分けたら、

世界で一番自分を知っていて、自分が頑張ってきたことを理解しているのは自分自身です。

そんな人は間違いなく味方だと思います。

今までやってきたこと、自分自身を信じて本番を過ごしていってください!