集中力の持続法 | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2020年 7月 2日 集中力の持続法

 

みなさん、こんにちは!

今回の担当の千田です。

もう7月になり、夏本番。今年はイレギュラーなことも多いですが

学校と受験のバランスを取りながら、夏を乗り越えましょう!

 

さて、今回のテーマは

「集中力を持続するためにやっていたこといること」です。

いくつか自分なりの持続法を紹介します。

 

 1.集中が切れたときは一回完全に切る!

どんな人でも完全な集中の状態は長く続きません

一回切ってリセットするとまた集中が続きやすいです

この習慣をつけておくと短い時間で集中のオンとオフがしやすくなり、

本番のテストでも時間の無駄を減らして集中状態の維持が出来ます。

集中は長くするというよりオンオフを意識したほうがいいです!

 

2.気分転換をする

気分転換に部屋から出てみるといいです

私は塾に来ているときは校舎の外にでて散歩などしていました。

この時に時間を決めておかないと長いこと散歩していることがあるので気を付けて下さい。

行ったことがない方向に向かってみるのもいいです。

視界も新鮮でだいぶ気持ちがスッキリします!

 

3.教科を変えてみる

ずっと英語、ずっと国語のように一つの教科を延々とやっているとやる気も滅入ってきます。

そんなときは教科を変えてみるといいです。

過去問をやっているときは一年ごとに教科を変えてやってみると、

思いのほか集中している状態が続きます。

時間を決めて教科を変更するのもいいと思います。

計画を立てて勉強してみてください!

 

集中の仕方は人それぞれです

自分にあった集中のやり方を見つけてみてください!

 

 

今年の夏は今までのようにはいかない夏です。

勉強時間の確保は自分次第です!

計画を立てて持続的に頑張りましょう!!