春の2つの合言葉 | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2020年 3月 7日 春の2つの合言葉

こんにちは、もうすぐ20歳になることに戸惑いを隠せないトモナガです。

 

時々寒い風は吹くものの、季節はすっかり春ですね。

高校生の3月は部活に行事に勉強に…と思いきや、なんだか今年は厄介なウイルスで忙しくも楽しい春が台無しですね…

しかしながら、そんな厄介なヤツらに負けてもいられません。

これをラッキーとばかりに、利用してやりましょう。

高校生の春休み、友達と遊ぶのも大いに結構です。今しかできないこともあります。

しかし、何もない暇な休みの日をだらだら過ごすのならば、1日ぱきっと勉強する日に変えてみませんか?

どの担任助手も言っていますが、春休みは夏休みの予行練習なのです。

夏休みは自分の時間が普段よりも増えます。

1日予定がない日も増えるでしょう。

その時に、あなたは1日同じ集中力を保ち続けることができますか?

自分の集中力のコントロールの仕方を理解してあげていますか?

それを完璧にできる人はまだなかなかいないと思います。

この春休み、その力をつけましょう。

今頑張れない人が夏休みになっていきなり頑張ることはできません。

これが勉強の習慣化」の話ですね笑

 

勉強の習慣化と同じくらい担任助手が口酸っぱく言う言葉が、

「3月末完成」

ですね。

3月末完成の意味、みなさんちゃんとわかっているでしょうか?

今一度、一緒に確認していきましょう。

1.英語、国語、数学の目標点を取る(3月の基礎力判定テスト)

2.高速基礎マスターの英単語1800、英熟語750、英文法750を完全修得

この2点です。

この2つを目標とする理由は、受験日から逆算すれば簡単な話でございます。

夏休みに、共通テストの対策に入るので、6月までにインプットを終わらせていなければなりません。

つまり、4,5月で理科と社会を完成させなければならないのです。

そうなると、主要科目は3月末までなのです…

 

この2つの合言葉を忘れないで、遊ぶときは遊ぶ、勉強するときはしっかりやる、

オンオフのある充実した春休みにしませんか?