合格体験記 千田ver. | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2020年 8月 19日 合格体験記 千田ver.

皆さん、こんにちは!

今年の夏はいつも以上に暑い気がするので、熱中症にも気を付けて学校や東進に登校してください!

 

さて、今回は私の合格体験記」について書いていきたいと思います!

まず、受験の結論からいうと私は第一志望は千葉大学でそこに合格することができました。

しかしそれ以外は散々でした。これを踏まえて書いていきます。

 

1.第一志望の決め手

私は志望校自体は高校1年生の段階から千葉大学を選んでいました。

その理由をいくつか紹介します。

一つ目は県内の教員採用率です。

私の将来の夢は教員になることです。その点で他の大学に比べて千葉大学出身の県内採用率が高いのでここに入れば就職に有利になると考えました。

二つ目は副専攻です。

私が今通っているのは小学校コースです。しかし、ここでなら他の教員免許を取得しやすいということもあり、自分の幅を広げるためにも入りたいと考えていました。

三つ目は実習が多いことです。

基本的に教育実習は3年生になってから行います。それに対して千葉大学は小学校などの学校が併設されており、他大学に比べて経験を実際に積むことができる機会が多いことが魅力的でした。

 

2.志望校確定

私は大学は国立へ進学したいと思っていました。しかし、思うように成績は伸びず志望校を変更するか迷いました。その時に地方の国立にしても結局は生活費がかかるので、それなら通える範囲の私立でもいいのではないかとなって私立でどこかをどうにか抑えて国立はこのままでいこうと決断しました。国立受験自体は強行しました。

結果的に強行のおかげで行きたい大学に通えているので

周りを説得できる受験プランを立てる」ことは大切です。

 

ここで私の良かったところをまとめていきます。

①志望理由がはっきりしていた

私は第一志望を早い段階から決めてぶれませんでした。

それによって第一志望に対する準備や気持ちは人一倍できていたと思います。

大学についてもしっかりと調べていたほうがやる気も周りに伝わるでしょう。

 

②あきらめなかった

精神的なことになりますがこれは結構大事です。

私はセンター試験が散々な結果でしたが諦めず、二次の筆記もあまりよくはなかったですがそれなら面接で満点を取ってやるというぐらいの気持ちでいました。

結果的にそれが実を結ぶことになったので、これこそ最大の要因だと思います。

受験の時は気持ちがどんどんやられていきます。そこで長期間頑張っていけるメンタルは大切です。

 

夏休みも終わりに近づき、受験生に残された期間は残りわずかです。

強い気持ちを持ってこの先も勉強に励んでいきましょう!!