冬の思い出 | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2020年 12月 17日 冬の思い出

 

こんにちは、千田です。

最近は急激に冷え込んできて冬を感じる

機会も増えてきました。他県では積雪もありますが、千葉県は降るのでしょうか?

さて、今回のテーマは「受験期の思い出」です。特に冬の今の時を書いていきます!

受験期の冬の思い出で一番記憶に残っているのがセンター試験(現在の共通試験)です。

このテストが大学試験の始まりであり、このテストの結果も入試に関係してくるのでとても重要な試験です。自分の今までの記憶の中で一番緊張したのがこのセンター試験でした。最初であり、落とせない試験だと思えば思うほど緊張が増幅して、それが2日もあるとなると終わった後は本当に疲れていました。

他の思い出はやはり受験期の冬ともなれば勉強です。

正直、その記憶しかありません

冬といえば年末年始もずっと東進でした。冬になると休みの期間は無く、一分一秒無駄にしないように勉強してました。しかし、これが勝負の分かれ道なのではないかなと思います。冬休みが明けて学校へ行くと元日は勉強をしっかりとやりきれていないという人がちらほらいました。その話を聞いていると自分はそれだけ勉強したんだという自信が生まれてきます。みなさんもやりきったと思える状態で本番を迎えられるように頑張りましょう!

もしも受験生で大晦日・正月は休みたいですという生徒がいるなら、今の自分の努力量は満足できるものなのか、周りは勉強しているのに、自分はここで休んでいいのかと心に問いかけてみてください!きっと校舎に来て勉強するはずです。

そして最後の1つは冬になったら登校日数も減り、クラスメートと会う機会も減ります。つまり卒業が近いことも忘れてはいけません。自分の高校卒業は現在の状態の影響でいつの間にかに卒業ということになっていました。今年はどうなるかわかりませんが、高校生活も悔いが残らないで終われるようにしましょう。

もう受験生は試験本番や高校卒業も控えています。1、2年生は学年が上がることで変化することも出てくるでしょう。

今やれることをやりきりましょう!

 

 

東進冬期特別招待講習(冬期講習)