【春のリードが合否を分ける】春休みの過ごし方 | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2020年 3月 3日 【春のリードが合否を分ける】春休みの過ごし方

 

こんにちは、伊藤です。三月に入ってあったかい日も増えてきましたね~

最近はコロナウイルスのせいでなんでもかんでも自粛ムードでなかなか大変ですね。

今日は春休みの過ごし方について話したいと思います。

政府からの休校要請によって、高校生は春休みが増えましたね。せっかく春休みが増えたので皆さんにはただ遊ぶだけの休みではなく是非勉強で自分と向き合う、少しでもいつも以上に努力する春休みにして欲しいと思います!

さて、春休みの過ごし方についてですが自分的春休みの過ごし方のポイントは三つあります!

1 オンオフをつける

確かに、まだ春休みだから勉強は・・・という気持ちもわかります。

でも時間は確実にあります。一日中空いてる日があるのならば、その日は勉強すると決めて

朝登校からカチッとやってみるべきだと思います!

そういう日を一日でも増やしていくことで自分はこれくらいの集中力が今の限界なのだといったことがわかるのでおすすめです。

また、オフの部分も大切です!

新高三生はこの休みを以て約一年間ほとんど遊ぶことができなくなります。適度に息抜きをすることも必要だと思います。この時期に自分にとって息抜きとの上手な付き合い方を模索してみてください。

 

2 一つ習慣化する

「習慣化」って鬼のように聞く単語かと思いますが鬼のように大切です。

一日十分の習慣化された勉強って一年続けると2.5日分の勉強に相当するみたいです、、、

後は何も言いません。

また、「ルーティーン」という言葉をご存知ですか?

数年前に流行語にもなったこの言葉ですが、こちらも勉強において大きな力を発揮すると思っています!

僕自身も朝起きて最初の30分以上は数学の問題集をやるルーティンがあり、これで毎日自分の勉強スイッチを入れていました!

学力面だけでなく、気持ちの面までコントロールできると思うので、この機会に皆さんのスケジュールの中にも是非取り入れて欲しいと思います!

 

3 スタートダッシュ

春休みは新学年のスタートダッシュを決める時期でもあります。

受験勉強では4月の段階でどれだけ周りと意識において、学力において差をつけられているかが大切です。

逆にここでやらなきゃ今後もできません。

たくさんやれば結果もその分ついてくることを信じて春休みの期間、本気で勉強してみましょう!

 

どうでしたか?せっかくの春休みです。この時期に頑張れるかどうかが受験の合否を分けるといっても過言ではないです!

終わった後に頑張ったなと思える休みにして欲しいと思います!

次回の更新は友永担任助手です!お楽しみに〜