【大学受験で後悔した話(長谷川)】 | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 3月 14日 【大学受験で後悔した話(長谷川)】

========================

========================

 

 

 

こんにちは!

 

長谷川です!

 

 

 

今日は大学受験での自分の後悔について話そうと思います。

 

 

自分は理系で理科2科目、数Ⅲまで必要でした。

 

 

受験を通して最も後悔したのは

 

 

 

長期計画を立てるのに失敗したことです。

 

 

 

自分はサッカー部で三年の11月まで部活をやっていました。

 

さらに国立理系志望だったので、センターは5教科7科目必要で、最後は時間切れという感じになってしまいました。

 

 

こうなってしまった原因の一つに、国立理系の大学受験に関する知識が不足していたことがあります。

 

 

国立理系の先輩にどん欲に情報を求めなかった。

先生に聞きにいかなかった。

 

 

聞きに行けばよかったと後悔しています。

 

 

しっかり情報を仕入れて、長期の計画を立て、中期、短期の計画に落とし込んでいかなかったことができていなかった。

 

これが大学受験で、模試の判定以下の結果を招いてしまったと思っています。

 

 

受講を夏前までに終わらせられなかったこと。もそれが原因だったからだと後悔しています。

 

 

 

大学受験は時間との勝負です。

 

 

 

全範囲を完璧にするなど不可能な話なのでいかに効率よく、近道でいけるかというのが最後勝敗を決めます。

 

 

 

ゴールを明確にし、それを達成するためにどうすればよいか考え、それらに関して期限を決め、計画に落とし込んでいく。

 

これを徹底してできる人が学力を順調に伸ばしていきます。

 

 

 

 

計画を立てる大切さ。これは実際に体験してみなければわからないものです。

 

 

 

 

 

ぜひ計画を立ててください!

 

 

 

====クリック!====