【夏が終わり気が抜けたときの対処法!先輩たちの具体例】近藤ver | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 9月 23日 【夏が終わり気が抜けたときの対処法!先輩たちの具体例】近藤ver

========================

========================

みなさんこんにちは!

今日の更新は

大学の授業登録を終え

授業開始が楽しみな近藤です!!

 

大学の授業には

必ず受けるもの

ある授業群の中から指定された数受けるもの

受けても受けなくてもいいもの

他学部でも受けられるもの

全学部共通で受けられるもの

 

など様々な種類があり

高校の授業とは大きく変わります

 

授業の中には

名前を見ただけで「面白そう!」となる授業もあります

 

僕が今回取る授業の中から一つ例をあげれば

「たくましい知性を鍛える」

です

 

名前を見た瞬間に取ろうと決めました笑

 

自分の第一志望の大学に面白そうな授業があれば

モチベーションが上がること間違いなしだと思うので

是非どんな授業があるか調べてみてください!

 

大学でサークルに入るのを楽しみにしてる人は

サークルを調べてみてもいいと思います!

 

さて

これ自体が今回のテーマの

【夏が終わり気が抜けたときの対処法】

になってしまっている気がしないではないですが

このテーマの方に話を移そうと思います!

 

「自分は気を抜かずに頑張れてる!」

と思う人もいるかもしれません

 

実際僕も一年前の今頃は

気を抜かずに頑張っていたつもりでした

1か月後に、

思い返せば9月は気が抜けていたな

と感じたので、僕のようにならないためにも

是非読んでみてください!

 

恐らく、気が抜ける原因として最も大きいのは学校

その次に模試の結果だと思います

 

学校の方から話しましょう

友達と話すのは楽しいし、夏休みとは違い学校の授業がある

さらに学校に行くだけで疲れて、東進で勉強に集中できない

 

こういう人は多いのではないでしょうか?

こういう人は

ライバルを明確に設定するといいと思います

 

できれば自分よりも成績が少し上で

負けたくないと思える人を選び

自分のなかで明確にライバルと位置づけましょう

僕も去年勝手にライバル視していた人がいましたが

センター模試の得点ランキングで自分よりも上にいたので

校舎に来るたびにそれを確認し

「次は勝つ」

と思うことでモチベーションにつなげることができました

 

今思い返しても

彼には引き上げてもらえたなと感じます

 

グループミーティングが同じ人でもいいので

ぜひライバルを見つけてください!

 

次に模試の結果による気の抜けについて

僕はこっちが原因で気が抜けました

 

どういう状況だったかというと

センター模試では目標に近いところまで伸びたが

二次レベルの模試で点数が全然とれない

という状況でした

 

センター試験は

自分の課題を見つけやすかったので順調に伸びましたが

二次レベルになると課題が見つかりづらい

 

そこのギャップにつまづきました

 

具体的に言えば

数学の問題の解き方が全くわからない

英語の長文が全然読めない

などの状況の原因となる課題が分からず

 

勉強方針が

ふわっとした抽象的なものになってしまい

伸び悩みました

 

この問題は正直

自分一人では解決しづらいと思います

 

ので

少しでも今の自分の課題があやふやだなと感じたら

スタッフに相談してください!

 

必ず答を出せる

は言い切れませんが

できる限りのことはしますし

第三者視点からのアドバイスは重要になると思います

 

というわけで

僕からは気が抜けたときの対処法として

・ライバルを見つけること

・スタッフに相談すること

の二つをオススメします!

 

他に何か良い対処法を持ってる人がいたら

是非教えてください!

以上

 

====クリック!====

↓↓↓