受験には【体力も必要!?先輩たちの体験談】須田ver | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 7月 16日 受験には【体力も必要!?先輩たちの体験談】須田ver

——-↑高1、2生はこちらをクリック!↑——

 

——-↑高3生はこちらをクリック!↑——-

 

こんにちは。

今日のブログは

須田が更新します。

 

ここ最近は

暑いし、テストもあるし、最終レポートもあるし、

って感じで、いろんなものに追われて

早く逃げたい

夏休みはまだか

と、そんなことばかり考えています(笑)。

 

本題に入る前に一つだけ。

 

ただいま東進では

 

夏期特別招待講習

並びに

部活生招待講習を

実施しています!

期末テスト振るわなかった、

早いうちから受験勉強を始めたい高1、2生。

 

部活を引退してそろそろ受験勉強を本格的に始めたい高3生。

 

一度、八千代台校にいらしてください!!

そして

東進が誇る名人講師の授業を受けてみてください!

授業料、テキスト代は一切かかりません!!

ただいま申し込みいただければ、

3講座が無料で受けられます!!

友達と一緒でも構いません!

このチャンスをつかみ取ってください!!

 

さて、前置きが長くなりましたね(^^;

本題に移りましょうか

 

今日のテーマは

 

【受験には体力も必要!?先輩たちの体験談】ということで

自分の体験を話させていただくわけなんですが

ここで使われている意味の体力は

バスケの試合をフルで走り切れるとか

グラウンドを50周走れるとかの意味の体力とは

 

ちょっと意味合いが違いますね。

 

朝の開館から

夜の閉館まで

ぶっ続けで勉強できるかどうかといった

 

学習体力のことですね。

 

みんなは

朝7:00から

夜20:00まで

ずっと勉強できるからだをつくれていますか?

 

たぶん、多くの生徒が

 

自信をもって、はい!

 

と、答えられないんではないでしょうか。

 

朝から晩までずっと座って勉強なんて、

 

想像を絶するほど

 

疲れます。

 

 でも、僕はみんなに閉館まで勉強していって欲しいと思ってますし、

 

もちろんも朝も妥協してほしくないです。

 

どうすれば、学習体力はつくでしょう?

 

それは

 

ひたすら長い時間勉強するのに

 

耐えて、

 

慣れてしまうことです。

 

それしかないと思ってます。

 

とにかく、長い時間校舎にいる。

校舎では勉強する。

 

疲れた、辛いって思っても

 

ふんばる!

帰らない!

 

その繰り返ししかないと思います。

 

長い時間勉強して、

学習体力つけて、

そもそもなんの意味があるのか?

 

それは、

 

入試本番で最後の科目まで戦い抜く

 

それを行うのに絶対不可欠だからです。

 

入試が2日、3日連続で続くことなんて

普通にあります。

 

僕の友達は5日連続とかやってました。

 

入試本番はプレッシャーが半端ないです。

 

加えて、

 

いつもと違う場所で勉強するのだから、

 

普段よりもストレスがかかります。

 

つまり、

入試本番は

 

3科目耐久レースみたいな

 

感じなのです。

 

それは

 

実際にたった5ヶ月まえに

入試を経験した身だからこそ

自信をもっていえます。

 

入試本番で、

1年間、2年間、もしくはそれ以上の期間

勉強して、

勉強して、

来る日も来る日も

勉強してきた自分の努力が、

最後の最後で、

 

水泡に帰してしまうのか。

 

見事実を結び、合格を勝ち取るのか。

 

その当日のコンディションを作るのは

 

今の君の踏ん張り、

 

開館から閉館まで残って勉強する

 

根気強さ。

 

我慢強さ

それらにかかっています。

 

この夏鍛えないで

 

いつ鍛えるんでしょうか?

 

閉館まで残って勉強出来てる人は、

 

この調子で続けてくれれば問題ないです。

 

そうじゃない人達は

 

これを機に

 

朝登校、閉館まで勉強の

 

習慣をつけてください。

 

以上

ーーークリック↓ーーー