【模試の活用術】箕輪ver | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2018年 5月 30日 【模試の活用術】箕輪ver

==【↑渡辺勝彦先生公開授業の詳細はこちら!】==

==【↑全学年向け!全国統一高校生テストの詳細はこちら!】==

===【↑高校3年生向け!部活生特別招待講習の詳細はこちら】===

 

 

 

みなさんこんにちは!!

 

 

本日の担当は

最近ジムに通い始め、毎日筋肉痛に悩まされている

箕輪瑠太です!

 

 

 

今回のテーマは

【模試の活用術】

ということでお話しさせていただきます!

 

 

 

 

僕が模試を受けるにあたって心掛けていたことは

①明確な目標をたてる

②本番のように試験を受ける

③復習

の3つです。

 

 

 

まず、①明確な目標をたてる についてですが、

目標を定めることで、模試に対する意識が変わってきます。

実際に僕自身、目標を全くたてることなく模試を受けている時期がありました。

その時は向上心などなく、ただこなすように模試を受けていました。

目標がないのに点数が上がることはなく、

ただ、目標がないため落ち込むこともなく、

模試を無駄にしていました。

皆さんには毎回の模試で成長してもらいたいので、

必ず目標をたててください!

そして、絶対に達成できるような目標ではなく、

努力しないと達成することのできないような目標をたてることを

心掛けてください!

難しいなと思ったかたは、いつでも相談してください!

 

 

 

 

次に、②本番のように試験を受ける についてです。

「練習は本番のように、本番は練習のように」

僕は、この言葉を意識しながら模試に臨んでいました。

模試だから何とかなるだろうと思いながら受けていると、

いざ本番というときに力を出し切れません。

本番に100%の力を出すことは本当に難しいです。

どんなに集中して、どんなに頑張っても100%の力はなかなか出せません。

 

では、限りなく100%に近い力を出すためには…?

“模試を本番だと思いながら受ける”

これに限ると思います。

 

 

 

 

最後に、③復習 についてです。

みなさん、復習はしてますか?

また、今のみなさんの復習の精度はどうですか?

僕は受験生時代、自分の復習が精一杯でこれ以上はないかなと思っていました。

ただそれは、自分が勝手に思い込んでいるだけで、

自分で勝手に自分の限界を決めているだけでした。

今こうして担任助手という立場になり、

色々な人の話を聞いていると、

自分の復習は、ただの自己満足の復習だと感じました。

なのでみなさんにも、自分の復習の質をもう一度見直してほしいと思っています。

しっかりと自分の模試の結果について分析をしてください!

何か復習のことについてわからないことがあれば、

いつでも担任助手に聞きに来てください!

 

 

 

模試を通してたくさんのことを学び、たくさんのことを吸収していってください!

そして、模試を有効活用していってください!!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

==公開授業の詳細はこちら!==

 ==各種申し込みはこちら【すべて無料】==

====【合格体験記はこちら】====

====【全国統一高校生テストの詳細・申込はこちらから!】====