【梅雨の雨にも負けない!大学生の(健康的な?)生活習慣大公開!】大学で何に時間を割く? | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 6月 4日 【梅雨の雨にも負けない!大学生の(健康的な?)生活習慣大公開!】大学で何に時間を割く?

========================

========================

こんにちは!今日の更新は近藤です!!

 

最近暑くなってきましたね…

暑さのせいで駅―大学間の長い長い距離が本気で嫌いになり始めました笑

 

今回のテーマは生活習慣ですね!

一日ごとの生活習慣とかについて話すと

他の担任助手と被る部分が多くなってしまうので、今回は

大学に入った今、僕がどういうことに時間を割いているか

について話そうかな、と思います

 

よく大学生は暇だとか人生の夏休みだとかいう声を聞くので、

大学生なんてどうせ遊んでるだけだろ?

って思ってる人も多いと思います

まあ確かに受験期に比べたら遊んでます笑

が、

僕は今、主に

自分の将来に役立ちそうなこと

に時間を費やしています

 

とてもアバウトな表現になりましたが、

具体例をあげれば

担任助手もその一つですし、いろんな本を読んでみたり、

会社員や起業した方に会って話を聞きに行ったり

等々です

 

どうしてこんなことをしているか

実は僕まだ将来の夢を決めてないんですよ

 

まだ決まってないなら、自分の色んな可能性を測り、徹底的に分析して、

数ある自分の将来の選択肢のなかから最良のものを選ぼう

そう思って色々なことに挑戦してます

(教育学部の理学科に通っているのでよく「教師とか研究者になりたいの?」

と聞かれますがどちらも目指してません。過去に目指していたことはあります)

 

で、まあ今将来のために色々動いてみてるわけですが、それを通して僕は

この時点で将来の夢が決まってなくても、いくらでも挽回できる

むしろ決まっていないことがアドバンテージになることもある

と思うようになりました

 

こう思うようになった理由は

 大学生になると色々な人と絡む機会が増える、ということにあります

もちろん高校時代でも色々な人と絡む機会はありますが、大学でのその機会の数は高校の時の何倍にもなります

例えば大学が学部、学年を越えて受けられる授業を設置していたり、色々なイベントを開催していたりします

それらに参加して色々な人と絡むといやでも自分の世界は広がりますし

それだけ自分の色々な可能性も見えてきます

 

 もちろん夢が決まっている人はその夢を強化する方向に動けますが、

実際そんなに動いている人は多くないというのが現実です

それなら夢が決まってないけど、危機感を持って動いてる人の方が強いのかなと思ってます

(もちろん夢が決まってなくて動いてないって人はだめですが…)

なので!まだ夢が決まっていないという皆さん!

大学入ってから夢を見つける機会はたくさんあります

ので今は

焦ることなく、ただ少しの危機感は持って、将来を考えて欲しいです!!

 

僕的には、どの職業を選ぶかというように「点」で考えるのではなく、

自分がどういう分野に興味があるのかを絞り込む、すなわち「範囲」で考えるというのがおすすめします

自分の将来のためにも色々な情報に対してアンテナをはっていきましょう!

 

====クリック!====