【新高校1・2・3年生は必見!今をどう過ごすかで結果は変わる!先輩たちの具体例!】中野ver. | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2018年 2月 15日 【新高校1・2・3年生は必見!今をどう過ごすかで結果は変わる!先輩たちの具体例!】中野ver.

 =======================

======================

=======================

こんにちは!中野です☆

せっかくのバレンタインシーズンだったのに、私は胃腸炎でダウンしていました、、、(笑)

みなさんも体調に気を付けてくださいね!!

 

今回のテーマは

【新高校1・2・3年生は必見!今をどう過ごすかで結果は変わる!先輩たちの具体例!】

です!

 

私が具体例として書くと、部活生で、学校の定期テストもあまり頑張れていない人対象になってしまうのですが・・・

当てはまる人はぜひ!読んでください*

 

私は中高一貫の学校に通っていたのですが、

中学生の時から総合成績は学年で下から2番目

学校には部活をしに行っているという学生生活を送っていました汗

 

平日は家に帰ってもご飯を食べて寝るだけ

小テスト勉強は当日の朝に詰め込み(だからすぐ忘れてました)

土曜は部活

日曜は昼まで寝て一日ゴロゴロ

 

机に座る習慣も、継続して勉強する習慣も皆無だった私に転機が訪れたのは高校1年生の時で

 

担任が、強面の英語の先生になってしまったんです(笑)

(顔が怖いだけでほんとは優しいのですが、英語もビリだったので怖く見えたんですね・・)

 

1年生の秋に個人面談をした時、何を言われるのかヒヤヒヤしていたのですが

「何人かの生徒は毎日英語のノート出してるよ、俺はハンコ押すだけだけど」

と言われ、衝動で

「出します!」

と言ってしまったんです。(面談後その時はかなり後悔しました・・)

 

ですが、そこからはもう意地で

途中でやめたら、そういう子なんだなと先生に思われるのも嫌で(笑)

 

なんとそこから、1年半続いたんです。

(ノート8冊くらいになりました)

 

といっても、毎日何時間もやっていた訳ではなく

毎日30分だけ、机に座って英文法の問題集を解いていただけなんです。

(試合とかの日は、15分だけの時もありました)

 

これを読んでいるみなさんも、それなら私も出来そうって思いませんでした??

 

この毎日提出を続けているうちに、毎日30分勉強する事は当たり前になり、

 

だんだん、明日の小テストも今勉強しちゃおうかな、とか

定期テスト勉強いつもより早くはじめようかな、とか

他の事にも目が行くようになりました。

 

そうなると、ビリから這い上がるのは割と簡単で

すぐに成績が上がったんです。

(10位から1位に上げるより、170位から160位に上げるのって簡単ですよね)

 

順位を落としたくないし、成績上がると嬉しいしでまた勉強して、

という良いサイクルが出来るようになりました。

 

結果、東進に入学したのは高3の3月だったのですが、

その時点で部活をしながらでも勉強習慣の確立が出来ていたので

スムーズに受験勉強にシフトすることが出来ました。

 

学校でビリを取り続けていた私も

最終的にセンター本番は英語180点、学校の模試では3位まで成績を伸ばしました。

 

私は効率も良くなかったので、

あの1年半がなかったら絶対に受験勉強が間に合っていなかっただろうな

と受験勉強を終えてから実感しています。

 

長々と話しましたが、言いたい事は

習慣が大事

ということです。(一行でまとまりましたね(笑))

 

毎日部活があって忙しい人も、30分でもいいし、15分でもいいです。

まずは、これなら自分にもできる、というところから初めてみて下さい。

 

急に3時間やって3日坊主なんて、全く意味がありません。

それなら、毎日30分、2週間以上続けた方が絶対に習慣になるし、自分の力になります。

 

そこからそれが当たり前になったところで、少しずつ伸ばしていければいいんです。

(残念ながら新高3はそんな時間は無くなってきましたが・・・)

 

新高1・2生は今からが勝負だと思います!

まずは、続ける事を念頭に置いて、勉強してみてください☆

 

 

 

 

====クリック!====

↓↓