【新高校1・2・3年生は必見!今をどう過ごすかで結果は変わる!先輩たちの具体例!】古川ver. | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2018年 2月 13日 【新高校1・2・3年生は必見!今をどう過ごすかで結果は変わる!先輩たちの具体例!】古川ver.

 =======================

======================

=======================

投稿が遅くなり申し訳ありません!!古川です!!

今回のテーマは

簡単に言ってしまえば

(通常の高校で言う)次の学年

特に高校3年生に上がるまでは

どのように過ごしていたかの具体例

ということなのですが

正直に言います

僕は高校3年生までまともに勉強していません

まともに勉強していなかったせいで

受験勉強は非常に厳しいものになりましたし

結果としては自分の満足行く結果は残せませんでした。

皆さんに似たような思いましてほしくない

その一心で今日のブログを書いています。

 

まず皆さんの多くが目指しているであろう

難関大学と言われる大学に合格するためには

センター試験同日模試において

少なくとも約6割は得点していなければならない

また、主要科目においては

3月末には目標点を突破していなければなりません

まず、もう一度この事実を思い出し

危機感を感じてほしいなと思います。

(ちなみに僕は高3の4月末時点でセンター模試で

2割5分しか点数を取れませんでした…)

「目標点を突破するためには」

これをしっかりと考え逆算して考えることが

今の時期、非常に重要です。

早期にセンター試験の形式やレベルは

分析しつくしちゃいましょう!

例を上げてみます。

多くの人は3月末で

英語に関しては160点を取ることを

目標にしているかと思います

英語の単元ごとの点数配分を

考えていきましょう

アクセント(大問1) 11.2点

文法・語彙・語法(大問2) 37.6点

長文(大問3以降) 111.2点

リスニング 40点

(250点を200点として換算)

何を勉強すればよいかわからなかった人も

これをみて優先順位がより簡単に

つけられるようになったのではないのでしょうか。

「長文を読めること」

これがセンター試験の英語で

高得点を叩き出すための最重要点です。

1問あたりの配点も高いですし…

そんなことは知っていたよ!!!

そんな声が聞こえてきそうなので

もう1点言うと

リスニングが長文の次に点数を占めていることに

今まで気がついていましたか?

 

簡単ですが

ほんのちょっと分析するだけで

やるべきことがより明確になると思います。

 

全然具体例になっていませんが笑

今やるべきことは

・模試や自分自身を分析

・やることの明確化

以上の2点です

やることを明確にすれば

勝手にそれが

高速基礎マスターであったり受講であったりすると思います!

2月は特に時間がある月です!

公立高校は入試休み、部活性も大きな大会はない!

遊ぶのも良いですが、

もう受験は目の前に迫っていることを忘れないでください。

僕は忘れていました

そして今すごく後悔しています

時間を大切にしましょう!

以上古川でした!

 

====クリック!====

↓↓