【夏が終わり気が抜けたときの対処法!先輩たちの具体例】古川ver. | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 9月 25日 【夏が終わり気が抜けたときの対処法!先輩たちの具体例】古川ver.

========================

========================

「太ったかもしれない…」

タイでの4日目あたりにそう感じ始め、帰国後すぐに体重計に乗ると

2㎏太っていた古川です。

高校時代、体重を毎日のように測っていた僕だと

感覚で体重の増減が分かります。

さぁ!今回のテーマ

【夏が終わり気が抜けたときの対処法!先輩たちの具体例】

ですが、今回は3つほど具体例を用意しましたので、最後まで読んでください!

①東進に来る

当たり前のようですが、

気が抜けたときにこれができなくなりがち

かと思います。

夏休み中、朝登校できてたが、今はできない…

などなど

気づかないうちに、

できたことができなくなってしまっている人

がいるのではないでしょうか?

まずは東進にきてみましょう!

たくさんの仲間が

本気になって勉強している姿を見れば

きっとスイッチが入るはずです!

②計画表を見直してみる

気が抜けたときというのは、

目の前のことに対し、

面倒臭い。

やりたくない。

という感情が生まれがちです。

ほとんどの気が抜けている人が、

そのようになってしまうかと思います。

もう一度計画表、

四ヶ月カレンダーや手帳を

見直してみましょう!

そこには、自分が志望校合格のために

立てた目標が記されています!

目の前にとらわれがちな今、

先のことを考えてみましょう。

すると、

今自分がやらなければならない!

という気持ちが

少しずつですが生まれてくるはずです!

また計画がずれていたら、

立て直すのも大切でしょう! 

③大学に入ったら…を考える

②でのことに関連して、

先を考えるという意味で

大学に入った時のことを考えてみてください!

たくさんやりたいことがあるのではないでしょうか?

留学したい!

サークルに入りたい!

あの有名教授の授業を受けたい!

などなど

様々なことが思い浮かぶと思います。

今それらのことを忘れがちになっていると思います。

それらを思い出すとモチベーションに繋がるのでは!

と思います!

それを実現するためには、

あとたった約5〜6ヶ月本気になればいいんです!

人生約80年ある中のたったの6ヶ月。

それが今後に大きな影響を及ばします。

今一番直近で叶えられる夢。

それは志望校合格です!

先のことを考え、

モチベーションを高め、

志望校合格に突き進んで欲しいです!

 

以上の3つを例としてあげてみましたが、

まだまだたくさんの対処法があります!

ぜひ他担任助手のブログも読んでみてくださいね!

では!!!!

====クリック!====

↓↓↓