【夏が終わり気が抜けたときの対処法!先輩たちの具体例】中野ver. | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 9月 22日 【夏が終わり気が抜けたときの対処法!先輩たちの具体例】中野ver.

========================

========================

こんにちは!中野です☆

最近夏風邪をひきずっと長引いてしまっています・・・泣

特に受験生は電車など必要な時にすぐ使えるように

マスク等常備していると対策になっていいと思います!

 

さて、今日は【夏が終わり気が抜けたときの対処法!先輩たちの具体例】ということなんですが、

 

私が受験生の時の話をすると

気が抜けた時にどうするか

ではなく

気が抜けないように事前対処する

ことをしていました。

 

みなさんは夏休み、朝7時から校舎に来て必死に勉強して来たと思うので

 

自分が集中できない時はどんな時なのか

恐らくわかっている人が多いのではないでしょうか?

前に書いたものと重複してしまうのですが

自分で問題をみつけて、解決策を考え、行動に移す。勉強と一緒です。

 

私は環境でかなり集中度が変わってしまっていたので、 

自分で集中できる環境をつくることに気をつけて秋は過ごしていました。

 

朝は7時に学校に行って勉強していましたが、教室にいるとどうしても喋ってしまうので別の空き教室にいって朝礼ギリギリで戻る、とか

 

途中から四限までの授業だったので、お昼を友達と食べてから帰るのではなく校舎に来てから食べる、とか

(部活のメンバーで食べていたので、LINEのアルバムに私がいない写真が上がると悲しい気持ちになっていました(笑)が、人より勉強しないと受からないという意識があったので、友達と遊ぶのは受験が終わってからいくらでもできると言い聞かせていました。)

 

受験に対して「だるい」「集中できない」とレベリの低いことを言っている人ではなく、

勉強している姿勢でお互い鼓舞できる人の近くにいる

(校舎にせっかく来ていても、たとえ勉強の話でも長々と話してしまったりする友達ができてしまっていませんか?

本当に自分にとって必要な時間なのか、足の引っ張り合いをしていないか考えてみましょう)

 

など!

あとは、分刻みのスケジュールを組んでおくことでさっさと動けるように気をつけていました。

 

みなさんも、自分なりの対処法を見つけてみてください!

 

 

 

 

====クリック!====

↓↓↓