【君を変える最高の格言】近藤ver. | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 9月 9日 【君を変える最高の格言】近藤ver.

========================

========================

皆さんこんにちは

今日の更新は近藤です!

最近、昼は暑いですが

朝や夜冷えることが多くなってきましたね

体調管理には気をつけて過ごしましょう!

 

そしてもう9月ですね!

受験生はそろそろ二次の対策に入り始める頃

(もう入っている人もいると思いますが)

ですね!

 

二次試験での点数を上げるには

センター試験の勉強以上に勉強のが欲求されます

問題の難易度がセンターと比べ高かったり

傾向がセンターほど掴みやすくなかったりするからです

 

二次試験は、

いかに効率良く、

自分にとって取りやすい部分で

点数を取れるか

の勝負です

 

そうはいっても、どうすれば効率良く勉強できるでしょう?

質を高めようと思っても様々な障害が現れてくると思います

 

その障害をどう乗り越えるか

ここを今回のテーマに絡めつつ話していきたいと思います!

 

さて…

 

今回のテーマは

【君を変える最高の格言】

ですね!

 

本当は自分で何かそれっぽい言葉を

編み出して書こうと思っていたのですが

あいにくそういうセンスを持ち合わせていないので

 

今回は昔聞いた言葉のうち

最近自分の中で納得がいった言葉を紹介しようと思います

 

その言葉とは

 

「なぜの階段を下りろ」

です

 

この言葉は僕が中3の頃

国語担当の教員が

授業中に言っていた言葉です

 

「何が言いたいんだ??」

と感じた人向けに解説をしましょう

 

世の中のたいていの事象には原因があります

 

このことを理解はできていても、

日頃から意識できている人はおそらく少ないでしょう

 

この言葉は、簡単に言ってしまえば

事象の原因を日頃から意識して見つけよう

また、

その原因原因、またはさらにその原因

というように

これ以上深い原因がないというところまで

原因を追い求めよう

という意味です

 

より深い原因を追い求める

という言葉が

なんとなく

階段を下りていくイメージにつながる人は

多いのではないでしょうか?

 

僕は最近これを実践しているのですが、

その中で

「階段の踊り場」で他の事象につながる

「階段」を見つけ

思わぬ共通点が見えたり

今まで見えていなかった

問題解決の糸口を見つけられたり

 

等々自分にとってプラスになる発見が

めちゃくちゃあります

 

常に原因を意識する、というのは正直めんどくさいです

 

 

そのめんどくささを補って余りある

メリットがあります

もちろんこれは受験勉強にも通用することで

受験勉強でこれができれば

勉強の質を格段に上げることができます

 

例えば

・成績が上がらない

・モチベーションが下がった

受験生にありがちな悩みだと思います

 

でもこれらのような

うまくいっていない状態

になっているのにも原因があるわけで。

 

当たり前ですが皆さん

この原因を解消したいはずです

 

でもこれらが悩みになるのは

その原因が何かを把握できていないからですよね

 

ではどうやって原因を把握するのか?

 

まず逆の例を考えてみます

 

すなわち

・成績が上がった

・モチベーションが上がった

 

これらのような

うまくいった時

の原因は割と把握しやすいためです

 

ここで「なぜの階段を下り」ましょう

 

自分がやったことをひたすら羅列して

その内の何がうまくいった原因になったのか

またうまくいった理由は何かまで

考えるがオススメです

 

次に

うまくいった原因を作れている状態を

理想としたときに

うまくいかなかった時は

理想と比べて

どう違ったかを考えてみましょう

 

そのときに、

なぜそれがだめだったのかまで

考えられるのがベストです

 

ここまで来たら後は簡単です

理想の状態がわかっていて、

現状とどう違うのか把握できています

 

後は

どうすれば理想の状態に持っていけるかを考え、

実行するだけです

 

もちろん

実行したことが全て成功するとは限りません

 

原因把握の段階で違うものを

原因と考えてしまったかもしれないし、

原因の要素が足りなかったかもしれない

もしくは

理想への過程の詰めが甘かったかもしれない

 

でも

成功しなかった原因を分析すれば

次の成功確率は上がりますし、

原因を考える回数が増えれば増えるほど

その精度は上がっていくと思います

 

ここまでで「なぜの階段を下りる」ことのメリット

伝わったかなと思います

(文章が下手なので伝わってなかったらごめんなさい)

 

今は受験勉強を例にしましたが、

日常生活で使えば

知識が増える、

勉強に限らず

身に着けたい力が身に付きやすくなる

考える力が身に付く

などなど

たくさんのメリットがあります

 

また例としてあげたように

受験勉強の質をあげる上でも非常に重要です

 

僕は高3秋以降の勉強の質が疎かになり

伸び悩み、最終的に落ちたので

これから勉強の質が重要になってくる

高3生のみなさんには

 

本当に、

本当に、

本当に、

 

実践して勉強の質を上げてほしいです

 

 というわけで僕からは、

僕が選んだ格言として、

みなさんにこの言葉を送ります

 

「なぜの階段を下りろ」

 

 以上

 

====クリック!====

↓↓↓