【君を変える最高の格言】相川ver. | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 9月 10日 【君を変える最高の格言】相川ver.

========================

========================

みなさんこんにちは!

今日の更新は相川です

9月に入って寒い日もあれば暑い日もあったり

温暖差が激しいですね…

体調の管理には気を付けてください!

勉強に熱が入りすぎると

意外に侮られてしまいがちなのが睡眠

体調管理も受験生の大事な仕事!

睡眠食事はしっかり取りましょうね!!

 

さてさて今回のテーマは

【君を変える最高の格言】ということですが

好きな言葉はたくさんあるのですが

まず1つ目

「Without haste, but without rest」です^^

誰の言葉かは忘れたのでよかったら調べてみてください(笑)

日本語訳は「急がずに、だが休まずに」

いろんな風に解釈できると思いますが

これは今の高校1・2年生に送りたいなと思います。

東進に通っていれば

高速マスター・受講・修判…など

やらなければいけないことはたくさんですが

ついつい

期末だ…文化祭だ…部活だ…って

忘れてしまうことはありませんか?

そんなとき、ぜひこの言葉を思い出してもらって

高速マスター10問でも、受講30分でも、自習30分でも

取り組んでみてください。

忙しくてなにもできないと思った1週間でも

「塵も積もれば山となる」

高速マスター70問、受講210分、自習210分

確保することは可能です。

3年生になってからでいいじゃないか。

そう思う人もいるかもしれません

ですが、この30分・210分

1・2年生のときにもっとやっておけばよかったと思っている3年生が

受験期に喉から手が出るほど欲しい

30分・210分になるのです。

忙しいとき、優先順位がわからなくなったとき

ぜひ思い出してみてください。

 

そして2つ目は

「迷ったらやる、やらないで後悔するならやって後悔する方が次に繋がる」です

確か中高の部活の顧問の言葉だったかなと思うのですが

何か選択に迫られたとき、

今でも必ず自分の頭に思い浮かぶ言葉です。

大学に入ると一気に世界も広がって、自由になって、

いろんなことに挑戦できるのが大学生です。

大きいものも小さいものも含め常にたくさんの選択を迫られるのが大学生。

ですが

高校生のときよりいろいろな経験をしている分

臆病になったり、挑戦するのを迷ったりしてしまうんですよね

ああなったらどうしよう、こうだったらどうしよう

マイナスな想像をしてしまうこともありますが

(もしかして私の悲観的な性格のせいかもですが)

そんなとき、この言葉を思い出して

いろんなことに挑戦して前に進もうって後押ししてくれます。

受験生のみなさんも

この対策どうしようかな、やった方がいいかな?

そんな選択に迫られることもあるかもしれません。

迷ったらやってください。

失敗したら次直せばいいだけ、具体的な反省も出てくる、

でもやらなかったら反省は「次はやろう」だけですよね

ぜひ受験期だけでなく、これからも意識してもらえたらうれしいです!

 

3年生はここからが一番大切な時期!

演習演習演習…!

夏の努力を無駄にしないためにも頑張っていきましょう!

応援しています^^

 

八千代台校 相川真実子

 

====クリック!====

↓↓↓