【センター・二次どっちが優先?担任助手の勉強内訳】長谷川ver | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 11月 25日 【センター・二次どっちが優先?担任助手の勉強内訳】長谷川ver

========================

 

↑12月21日木曜日、大岩先生が八千代台校に来て、↑

特別授業をしてくださいます!!

科目は英語で、対象は高1,2年生です!お申込みはこちらからどうぞ!

=======================

 

 

こんにちは!今日は

 

【センター・二次どっちが優先?担任助手の勉強内訳】長谷川ver

 

ということで話していきたいと思います!

 

さて、この時期の受験生のほとんどがセンターいつからやればいいの?

と思っていると思います!

 

これから先は自分の主観であるのでこれが必ずしも正しいとは限りませんが、なぜその時期からなのかという理由も含めていくので、参考にしてみてください。

 

自分は東京工業大が第一志望でした。東工大はセンター600/950で足切り、合否は二次試験の得点のみで決まる大学だったので、通常国公立では必要になるセンターでの得点が極論をいえば必要ありませんでした。

そのため、センターは12月の冬休みに入ってから始めたのを覚えています。

 

しかし、実際、センターの対策の時間を減らしてしまったために、本番は満足のいく点数はとれませんでした。

そしてここは抑えられるだろうと思っていた大学も、駅伝の結果が良かったため前年より7%も合否ラインが上がっており、抑えることができませんでした。

 

その結果、

もともと部活を11月までやっていた自分に併願校の対策などしている時間などなかったため、滑り止めと第一、第二志望の大学しか受けませんでした。

自分の体験から、後悔したことは、

 

①センター利用入試があるため、もっとセンターに力を注げばよかった。

②センターで失敗したため、そのあとも失敗するのではないかという不安に襲われたこと。

③一般でおさえを受けなければならなくなったこと

 

です。

結局センターでうまくいかないと、その後もうまくいきにくいのです。

 

成功すれば一般で受ける大学が減るし、いい流れもできる。いいことばかりです。

 

人によって変わってくることだとは思いますが、12月前半にはセンター中心になってもよいのではないでしょうか?

 

一番最初の試験なので一番緊張もします。

 

最初はいい流れを作るためにも、基本的には早いうちから準備をしておくことをお勧めします。

 

====クリック!====

↓↓↓