【センター・二次どっちが優先?担任助手の一日勉強内訳】竹中Ver | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 11月 13日 【センター・二次どっちが優先?担任助手の一日勉強内訳】竹中Ver

========================

↑大岩先生の特別公開授業の申し込みはこちら!↑

=======================

こんにちは!

自動車学校に通い始めた

竹中です!

 

今日からのテーマは

センターと二次の勉強割り合いについて

です!

 

センター試験まで

あと2か月という

この時期に

皆さんが

必ず悩まされるものの

一つとして

センター試験と二次試験の勉強を

どういった割合で

進めていくのが良いのか

というものがあります

 

二次試験の対策も進めなければ

ならないのに

センター試験が心配だから

もっとセンター試験の勉強をしたほうが良いのか

それでも

センター試験の勉強ばかりすると

二次試験の対策がおろそかになってしまいそうで

やっぱり二次試験の対策に重点を置いたほうが良いのではないか

 

考えれば考えるほど

悩ましい問題であり

とても自分一人の判断では

決めかねる大きくて重要な問題です

 

センター試験と二次試験の

勉強割合を

間違えてしまうと

第一志望合格という点において

非常に大きな致命傷となってしまいます

 

そこで今回は

そんな致命傷など負わなくて済むように

担任助手が受験生であった頃の

勉強内訳を参考にしてほしいということで

このテーマを取り上げました

 

センター試験と二次試験の勉強割合をどうすればよいのか

など

この手の問題は

極論を言ってしまえば

個人差による

という結果になってしまいます

 

そういった問題は

このようにしなさい

こんな風にやっていこう

など

指導というものは難しいので

 

このようにやるのも一つの手だよ

こんな感じでやったらよいかもしれないね

など

あくまでアドバイスという範疇で

話が進みます

 

はっきり言ってくれたほうが助かる

アドバイスだけなんて頼りない

などと思う人もいるかもしれませんが

 

たくさんのアドバイス・意見

を聞いて

最後にどうやるのか

決めるのは自分です

 

自分一人では決めかねる問題も

決めて行かなければなりません

 

自分の人生に自分で責任を負えることができてこそ

一人前に一歩近づくことができるのです

 

多くの情報から短い期間で

自分に最適な方法を見つけるのも一つの能力です

 

がんばってみてください

 

ということで

ここからは

僕が受験生時代の

この時期にどのような勉強内訳で

勉強していたのか

書いていこうと思います

 

僕の場合は比較的部活の

引退時期が遅く

9・10月はセンター試験の勉強のみでした

11月に入りそろそろ基礎も固まってきたし

二次試験対策に移ろうということで

11月の初めは二次試験対策しかしていませんでした

 

しかし

11月の半ばごろに学校で行われた

センター形式の模擬試験でさんざんな結果を

たたきだしてしまったのです

 

そこで

センター試験の勉強もしなきゃまずいじゃんこれ

ということで

結果的に

11月半ばごろから

年末までは

センター試験と二次試験の勉強を

同時並行で進めていました

 

この日は丸一日センター試験の勉強

次の日は丸一日二次試験の勉強

というような偏りのある勉強ではなく

 

一日にセンター試験と二次試験の勉強を

二つとも行い

心地よい朝に

頭の眠気覚ましに最適な

センター試験の勉強を持ってきて

午後から二次試験の勉強

といったような具合でした

 

年が明けてからは

センター試験の勉強のみを行い

センター試験本番が終わった時点で

すかさず二次試験の勉強を

二次試験本番まで行いました

 

どの科目をいつやったのか

センター試験の勉強の時、マークシートを使ったのか

受講はどのタイミングで行ったのかなど

具体的な話が聞きたい人は

校舎で聞いてください

 

センター試験本番まで

あと2か月ほどですが

頑張っていきましょう!!

 

以上、竹中からでした!

 

====クリック!====

↓↓↓