【やる気がなかなか上がらない・・・そんな時のモティベーションの上げ方】竹中Ver | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 8月 22日 【やる気がなかなか上がらない・・・そんな時のモティベーションの上げ方】竹中Ver

========================

========================

雨ばかりの夏で

がっかりしている

竹中です!

今日からのテーマは

モティベーションの上げ方

です!

夏休みも後半になって

勉強に対する集中力が

切れてしまったなんて人や

やらなければいけないのは

わかっているのになんだか

勉強以外のことをしてしまう

なんて人もいると思います

そんな人になんとか

勉強に対するモティベーションを上げてもらい

夏休みの間、勉強しきってほしいと思うので

このテーマで展開される

担任助手の様々なお話を参考にして

今一度、気持ちを切り替え

勉強に励んでみてください

ということで

ここからは

僕のお話に入っていきます

まず初めに

モティベーションを上げる方法は

大きく分けて二つあります

一つは、直接的に上げるというもので

自らの欲求に対して明確化をはかることです

もう一つは、間接的に上げるというもので

自らの欲求に対する阻害要因を排除することです

そこで

僕からは、前者の直接的に上げるという方法について

詳しく説明していきたいと思います

先ほど

自らの欲求に対して明確化をはかること

がモティベーションアップにつながるといいましたが

これを具体的に説明していきます

まず

自らの欲求という部分について

これは

英語を勉強して海外の人と楽しく会話できるようになりたい

化学と生物を勉強しておいしい食べ物を作りたい

国語を勉強して小説家になりたい

など

〇〇を勉強して〇〇なりたい

という欲求のことです

しかし

多くの場合、このような欲求を持ち合わせている人

は少ないので

ここでは、さらに幅を広げて

〇〇大学に行きたい

という欲求も含めます

すると

これらの欲求に対して明確化をはかる

ということは

自身の将来のヴィジョンを具体的に考える

というようにいえます

では、実際何をしたらよいのか

ややこしい話はいいから

その部分だけを端的に教えてくれ

と思ったそこの君は

今からいうことを実践できたとしても

あまり効果はありません

なぜなら

その考え自体が、最初のほうで述べた

モティベーションを間接的に上げる方法

で出てきた、自らの欲求に対する阻害要因の一つであるから

です

つまり

困難なことを避け、楽なほうへ流れようとする

習慣があるかぎり、モティベーションを上げる行為をできた

としても相殺されてしまうということです

これを念頭に置いたうえで

自身の将来のヴィジョンを具体的に考える

には何をしたらよいかというと

思い描く自身の理想的な未来を

将来のものととらえなおし

文字に書く

ことです

1年後には、〇〇大学(行きたい大学)に通っていて

学食のあの席でまだ見ぬ友達と仲良く昼飯を食べている

など

より具体的になればなるほど良いです

その過程で、大学紹介ムービーを見たり

大学に行ったり、するとなおよいと思います。

僕からは以上です

残りの夏休み

勉強頑張ってください!

以上、竹中からでした!

====クリック!====

↓↓↓