【ただひたすら辛いわけではない!担任助手が受験で得たもの】小川ver | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2018年 3月 20日 【ただひたすら辛いわけではない!担任助手が受験で得たもの】小川ver

 

 =======================

 =======================

 

こんにちは!

最近は暖かくなってきてとても気分良く過ごせていたのに、

ここ二日間くらい雨が降っていて気分がどんよりな小川です。(笑)

あと10日もすれば新年度になり、学年が一つ上がりますね!

どんなことを考えていますか??

私は後輩が入ってくるので

一年生の鏡となれるような先輩にならなければけないな~と感じたり、

2年生からは本格的に教育実習などが始まってくるので、

今まで以上に勉強して実りのある実習にしたいな、

など思うことはたくさんあります。

みなさんも何をしたいか、

どんなふうに新年度を迎えたいのか

など考えてみるとたくさんのことを吸収できる1年になると思います!

さて本題の

【ただひたすら辛いわけではない!担任助手が受験で得たもの】

ということですが、私が得たものは

忍耐力と計画力とたくさんの人への感謝の気持ちです。

まず忍耐力に関しては、言うまでもなく部活が忙しい中で受験勉強との両立をすることや、

それまでほとんどすることのなかった勉強が

自分の中の最優先事項になり、受験勉強中心に生活が回る日々を過ごしたことで、

忍耐力は勝手に身についたと思います。

2つ目の計画力に関しては、第一志望に合格するために何点取らなきゃいけなくて、

だからどの時期に何をしなければいけないのか、

この模試までに何点取らなきゃいけないなど、

第一志望合格までのプロセスを考え、

行動するという力が確実につきました。

この力はこれからの将来にも役に立つ力だと思います。

自分が将来やりたいことを考え、それを成し遂げるためには

何をしなければいけないのかを考えて行動する、

確実に将来に役立つ力ですよね?

この力をつけるためには志や将来の夢などを考えて週間の予定や月間の予定、

また年間の予定を立て実行し目標を達成することが必要になってきます!

今のうちから計画力を意識して付けるようにしていきましょう!

最後にたくさんの人への感謝の気持ちが得られるということですが、

これはほんとに今まで以上に人への感謝を感じることが増えてきたなとおもいます。

例えば、私が受験勉強を始めたのは部活の友人で東進に通って

本気で受験勉強を頑張っていた子の存在があったからで、

その子がいなかったら私はもっと遅くから受験勉強を始め、

確実に志望校には合格できていなかったなと思います。

だからこそほんとに感謝しているし、いつまでも感謝し続ける存在だと思います。

また、これは当たり前ですが、両親にも今まで以上に感謝しました。

夜遅くまで東進で勉強する私のために夜ご飯まで作って朝持たせてくれる母の存在や、

土日は朝早くても送り迎えをしてくれる父の存在、

両親の存在がなければ私は志望校合格はなかったのでほんとに感謝しています。

これはほんの一部ですが、私の志望校合格のためにほんとにたくさんの人が関わってくれました。

だからこそ、これからは恩返しをいろんな形でしていかないといけないなと感じます。

このように受験勉強から得ることというのはたくさんありました。

辛いことだけではなく、すべて将来につながっていくことだという意識をもって受験勉強ができるといいのかなと思います!

長くなりましたが以上です!

 

 

 

 

====クリック!====

↓↓