【これがあったからこそ今がある!受験で一番つらかったこと】近藤ver | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 11月 11日 【これがあったからこそ今がある!受験で一番つらかったこと】近藤ver

========================

↑大岩先生の特別公開授業の申し込みはこちら!↑

=======================

 

皆さんこんにちは!

今日の更新は近藤です!

 

今日は1111日!

中国では1がたくさん並んでいるということから

1111日を「独身の日」と呼ぶことがあるそうです。

つまり今日は僕の日ですね。

 

 

はい。

 

 

 

別に悲しくもなんともありませんが早急に話題を変えましょうか。

 

 

 

今回のテーマは

【受験期で一番つらかったこと】

ですね

 

まあつらいことなんて山ほどありました

遊べないこととか遊べないこととか遊べないこととか

 

幸い勉強自体は嫌いではなかったので

勉強をやることに苦痛を感じることはあまりありませんでした

 

じゃあいつ一番つらかったかと言われればやはり

模試の判定が出たときです。

模試の点数がでたときではなく。

 

もちろん模試は模試、気にしすぎないように、と自分に言い聞かせます

実際点数が低いだけならそこまで落ち込みませんでした

自分がやるべきことを頭をしぼって考える以外にやることがないから

 

でも判定は違います

自分が今、周りと比べてどこに位置しているのかという現実を

これでもかというほどに突き付けてくる

 

しかも僕は受験勉強のスタートが、志望校の割に遅かった

どの模試の判定もDE

 

同じ学校の周りの人は余裕でA判定をとって

今回簡単だったよねとか言っているなかで。

 

つらくないわけがない

 

「お前の努力じゃ足りない、お前はだめだ」

と人格まで完全に否定された気分になりました

模試の結果を見た後に勉強方針を立てても、その方針に自信を持てない

 

「溺れてどの方向が上なのかすら分からない状態」

とはこんな感じなのかなと当時感じたのを今でも覚えています

 

 

こういう状態を受験時代に経験したことで

難題にぶつかった時の対処法がある程度つかめた、

というのは不幸中の幸いだったのかな、と今は思います

 

 

さて、 

今この状態に陥っている人向けにアドバイスです

考え続けてください

 

模試の成績が思うように伸びてない、ということは

やはり何かが不足しているわけです

 

今の自分の実力を把握しきれていないのかもしれない

試験が問うてくる力を把握しきれてないのかもしれない

足りない力を伸ばすための方法論が間違っているかもしれない

 

この3つのうちどれかには必ず当てはまるはずです

自分がどれに当てはまるか、そしてどう改善すればいいか

考え続けてください

 

もちろん担任助手に相談するのもありです

 

 

 

思考停止で今の勉強を続けるだけで合格できるのは

今A判定をとれている人だけです

 

実際僕はほとんど思考停止で勉強していたため落ちました

 

 

考え続けて本当に正しい勉強法を掴むことができれば

現段階で良い判定をとれていない人でも

まだまだ合格するチャンスはあります。

 

常に考え続けてください

 

 

また

今色々な人の全国統一高校生テストの分析シートに目を通していますが

しっかり考えられているなと感じることはほとんどありません

 

自分は思考停止で落ちたなと感じる僕が

皆さんの分析シートを見て思考停止だと感じるわけです

 

まだまだ思考量が足りません

 

第一志望校に合格するために、もっともっと考えてください

 

以上

====クリック!====

↓↓↓