【これがあったからこそ今がある!受験で一番つらかったこと】中野ver | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 11月 5日 【これがあったからこそ今がある!受験で一番つらかったこと】中野ver

========================

=======================

 

こんにちは!中野です☆

 

今回のテーマは、

【これがあったからこそ今がある!受験で一番つらかったこと】

 

ということで

 

私が受験で一番つらかった事は、夏期合宿で挫折を経験したことです。

 

高3の夏に夏期合宿に参加したのですが、

東進で勉強し始めてから夏期合宿の前まで、順調に成績が伸びていて入りたかったクラスに入ることが出来たので

(合宿は模試の点数ごとにクラス分けがされます)

クラスでも上位に入りたい!とかなりの意気込みで参加しました。

 

ただ、4泊5日の結果は惨敗。

私は合宿中にある確認テストで一度も満点が取れませんでした。(全員満点を目指して勉強します!)

 

私が苦戦している間、隣の席の子は満点を取り続けて最終的にクラス1位の成績を取りました。

 

だいたい同じ学力の人が集まるクラスで、同じ授業を受けて、同じ復習時間をもらって、同じテストを受けているのに

どうして自分は満点が取れないんだろう

どうしてみんなが出来る事が自分にはできないんだろう

と考え悩み続けた5日間でした。

 

ですが、今思えば、この経験があったからこそ第一志望に合格することが出来たなと思っています。

 

この経験を通して

「人より効率が悪いのであれば、改善方法を考えながら誰よりも多くの時間勉強しよう」

と思い、夏休み以降勉強することができたからです。

 

そのおかげで、

学校の友達が10分休みにおしゃべりしていても

遊びに誘われたとしても

「自分も!」とは思わず、「今が勉強するチャンスだ」

と周りに流される事なく隙間時間を少しでも見つけて勉強することが出来ました。

 

「人よりできないのであれば、だれよりも多くやる」

という意識が成績の向上につながったのかな、と思います。

 

 

受験生活の中で、つらい事や苦しい事はあると思いますが、

それをバネにして跳ね返せた人は

合格に一歩近づくのではないかなと思います。

 

経験をプラスの方向に自分で変えていくことを意識してみて下さい☆

 

 

 

 

====クリック!====

↓↓↓