【これがあったからこそ今がある!受験で一番つらかったこと】竹中ver. | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 10月 30日 【これがあったからこそ今がある!受験で一番つらかったこと】竹中ver.

========================

↑西先生の特別公開授業の申込は

こちらをクリック!!↑  

========================

 

こんにちは!

立て続けの台風に

アクティブな休日を奪われてしまった

竹中です!

 

今日からのテーマは

受験で一番つらかったこと

です!

 

皆さん

先日の

全国統一高校生テスト

 

自己採点の結果はいかがでしたか?

 

納得のいく点数を取ることができた人も

納得のいく点数がとれなかった人も

いると思います

 

納得のいく点数を取ることができた人は

その調子でおごることなく

努力を続けるだけです

自分を信じて進むことに

難しさを感じることはないでしょう

 

一方

納得のいく点数がとれなかった人は

結果がすべてであるという面において

非常にまずい現状にあるという理解に対しては

わざわざいわれなくとも受け入れざるを得ないでしょう

 

自分はあれだけ努力したのに

どうして結果がでないのだろうか

まだまだ努力が足りなかったのだろうか

方法が間違っていたのだろうか

 

自分を信じることに

難しさを感じ

心が閉じて

他ばかりに視点が

ずれてしまうことでしょう

 

結果を

出すためには

まず自分に勝たなければなりません

 

自分を信じることができなければ

結果を出すことはできません

 

そこで

心の閉じた状態において

視点それ自体を

捉えなおすには

 

他への視点という視点に対して

あえて

焦点を置き

それを通して

その視点を

自らへの視点に切り替える

という方法が一番簡単です

 

なので

結果を出せないという

つらい状況にある人は

他の人のつらい状況を聞くことにより

それを通して

自分と向き合ってみてください

 

今回のテーマはそんなわけで

取り上げたものです

 

僕たちの経験が

皆さんの役に

ほんの少しでも立てば

幸いです

 

ということで

ここからは

僕の

受験で一番つらかったことについて

書いていこうと思います

 

僕の場合は

部活の引退が比較的

遅いほうだったので

 

模試などのテストで

結果がでずとも

これは本番じゃないから

ラッキーくらいにしか思わず

それに対して悩んだり

落ち込んだりはしなかったのですが

 

国立理系志望には必ずつきものの

悩みに終始悩まされ

それが僕にとっては受験で一番つらかったことに

当たることになります

 

その悩みとは

センター試験における文系科目の勉強です

 

全然、大した悩みじゃなくて

つまらないなんて思った人

 

この悩み

意外と深刻な悩みなんですよ

 

二次試験の勉強もあるので

数学・化学・物理

をめちゃくちゃ勉強したいのに

文系科目まで手が回らない

 

結果的に文系科目に手が回ったのは

センターの3週間前ほどでしたが

 

文系科目も勉強しなきゃという

焦りが常にあったので

理系科目もしっかりと

勉強することはできませんでした

 

僕の悩みは以上です

理系の生徒は

センターと二次の勉強割合

科目別の勉強割合など

よく考えながら

勉強しましょう!

 

以上、竹中からでした!

 

====クリック!====

↓↓↓