【ここからが本当の勝負!二次・一般試験までの合格を引き寄せる過ごし方】近藤ver | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2018年 1月 27日 【ここからが本当の勝負!二次・一般試験までの合格を引き寄せる過ごし方】近藤ver

=======================

 

みなさんこんにちは!

今日の更新は近藤です~

 

今日のテーマは

ここからが本当の勝負!二次・一般試験までの合格を引き寄せる過ごし方

ということで

合格を引き寄せられなかった僕の体験から、

今の僕が

「あのときこうしておけばよかった」

と思っていることを書こうかなと思います!

 

僕が「あのときこうしておけばよかった」

と思っていることは二つです

 

一つ目!

受験直前だからこそ、

集中力が落ちる、モチベーションが下がるなどの要因で

時間あたりの勉強量が減ってしまいがちです。

 

去年のこの時期に僕がやっていた勉強を思い出そうとしても

過去問とその復習くらいしか思いつきません。

その過去問も二週目であることを考えれば

そこまで量をこなせていませんでした。

その代り、気分転換に行く散歩の時間や

ごはんを食べている時間が伸びていた気がします。

 

焦りなどから集中力が落ち、気が散りがちなのはわかりますが

受験生は、ひたすらアウトプットをするこの時期が

一番点数が伸びる時期です。

その大切な時期を無駄にしないためにも

一分一秒を惜しみましょう

 

ただ、自分のモチベーションを管理するところまで含めての受験です

息抜きなども適度に挟みつつ、けれど時間をかけすぎずに

勉強量を増やしていきましょう!

一日の予定を立てる際に、

 

食事の時間や息抜きの時間まで決めてしまい、

それ以外は勉強以外しないと決めてしまうと良いと思います!

 

 

二つ目!

常に、

大学が何を求めているのか、

今自分に何が足りないのか、

そのギャップを埋めるのに最適な勉強が何か

を考え続けて、

自分の勉強の質が高いかどうかを疑い続けましょう

 

まだ過去問が残っているからといって

思考停止で過去問をやっているだけでは

伸び切りません。

 

解答は自分の知識の範囲内だが、

自分で解く際には書くことができない

その要因は、知識が「使える知識」でないことで、

問題演習を通して知識は「使える知識」にできる

だから今は過去問や単元別で問題演習をつむ。

 

ここまで考えて勉強を進めていってください!

 

また、この時期に一番厄介になってくるのが苦手科目だと思います

 

苦手だけどなんとなく過去問やってなんとなく点数を落としている…

センターは取れたけどなぜか二次ができない…

という人は要注意です

 

「なんとかなる」で苦手科目を放っておくと

本番で本当に点数がとれなくなります。

これは本番の英語で、過去問の半分程度の点数しかとれなかった僕の体験談です

 

点数をとれていない以上、何かしらの原因があります。

その原因としっかり向き合う努力をしましょう!

それが、質の高い勉強をするためのコツです。

 

本番まで残りわずかですが、

ここからの頑張りでいくらでも伸ばすことができます

きついとは思いますが踏ん張りましょう!

 

====クリック!====

↓↓