【「気づいたら1日が終わってた…」はもうやめよう!充実した日々を過ごす方法】近藤ver | 東進ハイスクール八千代台校|千葉県

ブログ

2017年 7月 28日 【「気づいたら1日が終わってた…」はもうやめよう!充実した日々を過ごす方法】近藤ver

========================

 

 

========================

皆さんこんにちは!

最近プログラミングにはまっている近藤です!(まだまだ初心者ですが…)

自分で何かを作るのが好きな人(特に理系!)はプログラミングに向いてると思うので

大学に入ってからでもぜひ触れてみて下さい!

自分の将来にも役立つと思います!

 

今回のテーマは

「気づいたら1日が終わってた…」はもうやめよう!

充実した日々を過ごす方法

ですね!!

 

正直僕も「気づいたら1日が終わってた…」はよくやります(笑)

でも何もしない日は何もしない日で良い精神疲労回復になるので

最近は「何もしない日」を作って、それ以外の日は充実した日になるようにしています

 

でも高2くらいまでは、やらなきゃいけないことがあるのにそれを後回しにし続けて、気づいたら一日が終わってました…

これと同じような状態の人が皆さんの中にもいるんじゃないでしょうか?

 

ではどうすれば意図的に充実した日を作れるか?

 

その答えはやはり予定立てにあると思います!

受験においてだけでなく、何かしら目標があってその目標を達成したい時に最も有効なのが予定立てです!!

 

勉強にしろそれ以外のことにしろ

予定を立ててやってないって人はまず予定を立てましょう!

そして充実した一日を過ごすための予定の立て方の僕なりのコツを

二つ!

教えます!

 

一つ目!

その日にやることを書き出すだけじゃなく、その日の時間単位で予定を立てること!

やることを書き出すだけだと、結局後でやればいいやと考えて後回しにしつづけ、結局終わらなくなるので何時から何時でこれを終わらせる、というように時間指定で予定を立てましょう!

一つのタスクにどのくらい時間がかかるかをしっかり考えなければ時間単位での予定は立てられません。こうすることで立てた予定通りにやらなければ終わらない、という危機感を持つことができるので、後回しにしづらくなります。

さらに、時間単位で予定を立てることで、タスクが終えた後に得られる達成感を時間単位で得られます。

また、途中に適度な休憩を挟めたり、後回しにしたときに比べ余裕をもってタスクをこなせるなどの効果があります!

 

二つ目!

予定を立てるタイミングについてです

僕は予定を立てるのに最適なタイミングは前日の夜だと思っています!

当日朝だと後回ししかねません。

また、予定を立てると、その予定に対するモチベーションが上がります

(皆さんも旅行のとき、準備する前と後なら後の方が旅行に行きたい!という気持ちが高まりませんか?それと同じです!)

前日の夜よりも前に立ててしまったら当日の予定へのモチベーションが小さくなってしまうと思います。

 

以上二つが僕がおすすめする予定立ての二つのコツです!

 

是非皆さん!

充実した一日を過ごすために

前日の夜に時間単位でやることの予定を立ててみてください!

 

もし「もっとこうした方がいいんじゃない?」

という案があったら教えてくださいね!

====クリック!====